タグ:Yahoo!知恵袋の記事一覧

後知恵BLOG

タグ:Yahoo!知恵袋

【浮気・不倫の悩み】不倫で全てを失った、断ち切り方と別れたあとの過ごし方

どうも田村です。

 

 

今回のお悩み相談は、

 

「W不倫で全てを失った、女性の悩み」についてです。

 

ん~・・・それね。

 

気持は分かりますよ・・・。

 

夫の不倫を理由に離婚し、
その後で、自分の不倫が元夫に知られ、
息子さんを取られてしまったのなら、
気持の整理がつかなくても当然でしょう・・・。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

何もかも失いました。35歳女です。

 

 

【相談内容】

何もかも失いました。35歳女です。

非難は覚悟なのですが、どうしていいかわからなく

皆様のご意見ください。

 

私、馬鹿なことをしました。
6年前から不倫をしていました。

その相手は同じ職場の上司で、

私より2つ年上の3人の子供がいる既婚者です。
そして私にも旦那がいてました。

 

不倫から2年たち、私は罪の意識から耐えられず、

旦那と別れたいと思うようになりました。
そしてその当時ちょうどタイミングがよかったのか、

旦那の浮気&借金が発覚し、それを理由に離婚となりました。

 

私は息子一人連れて家を出ました。
そして息子にはわからないようにその相手と関係を続けてきました。

 

昨年会社に不倫関係がバレ、退職を余儀なくされました。
息子は今年大学受験で、どうにかそれまで蓄えてきた貯金で

大学に入学させましたが、その後、元夫にバレ、

こんな状態の私には任せておけないと息子を取られました。

 

不倫相手はそのうち離婚して私と一緒になるから待っていてくれ。

と言いました。
私もその人といつも一緒にいたいと思いました。

 

けれど、もう6年です。

もちろん、私が決めてやってきたことですので、

それは誰のせいでもないと思います。

 

私は家庭も職場も失い、仕事を探していますが年齢もあるのか

就職先も見つからずアルバイトで生計を立てています。

 

不倫相手とは別れようと思っています。
けれど。私はすべて失ったのに・・・

こんなに苦労をしているのに・・・
相手の男性は何ら変わらず、家庭を持ち続け、

仕事だって失わずに収入だってたくさあって・・・・

身から出た錆とはいえ、気持ちの整理がつかないのです。

 

毎日毎日不倫をしたことを悔やんでいます。
結局不倫で私は全てを失ったんですね。

これからどうして行けばいいでしょうか?

 

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

南無阿弥陀仏!
色即是空空即是空!

渇!

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1270954162

 

 

なるほどね。

 

短い言葉ですが、ある意味、温かい回答だと思います。

 

今回は、

「不倫の断ち切り方と別れたあとの過ごし方」

についてお伝えしたいと思いますよ。

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

・頭では、最低なことだと理解している

・でもやっぱり彼が好き

・こんなに苦しむなら、やめたい

・だけど、やめられない

 

不倫の恋をしている女性の多くが、

「不倫は良くないこと」だと認識していると思います。

 

分かっていても、彼が好きだから離れられなかったり、

自分から別れを切り出す勇気がなかったり、

いつかは、自分と結婚してくれると期待したりと、

 

色々と思い悩んでいるのではないでしょうか?

 

不倫の罪悪感や不安などを感じながら過ごすのは、とても辛いことでしょう。

 

でも、安心してください、

不倫は、絶対にやめることが出来ます。

 

誰にも相談できずに悩んでいた人も、

これからご紹介することを一つ一つ行うことで、必ず終わらせることが出来るのです。

 

 

既婚男性が、不倫をする理由

 

まずは、不倫を断ち切るためにも、

既婚男性が不倫をする心理を現実として受け止める必要があります。

 

既婚男性が不倫のするのは、

 

・自分が既婚者だから

・不倫するのに、手ごろな相手がいたから

 

というだけで、「全てを捨てて、あなたと一緒になりたい」と、

本気で思っているわけではないし、仮に独身時代に出会っていたとしても

恋愛関係になっていたかは、分からないということなのです。

 

厳しいようですが、これが現実です。

 

現実を受け止めることが出来れば、不倫を断ち切ることが出来るでしょう。

 

でも、あなたが好きで一緒にいる人ですから、

すぐに別れることは、なかなか難しいかも知れませんよね。

 

では次に、「彼との距離を少しずつ離していくための過ごし方」

これについて、ご紹介しましょう。

 

 

とことん彼との恋を楽しむ

 

 

意外かも知れませんが、まずは彼との不倫の恋をとことん楽しんでみましょう。

 

人には、「満足すると、飽きる」という性質があります。

 

今後、不倫を繰り返さないためにも、

最後に彼との恋を思いっきり楽しむのです。

 

とことん楽しめば、「もっと彼と一緒に過ごせばよかった」

という後悔も生まれず、別れを切り出した後に、

気持が戻ってしまう心配も減ります。

 

彼と恋をするに上で、制限していた約束事などがある人は、

それを崩してしまうのも楽しみ方の一つですね。

 

例えば、「お互いプレゼントはしない」と約束していたのなら、

最後に一度だけ、約束を破ってみるのも良いでしょう。

 

ただし、それが原因で不倫がバレてしまっては、

お互いに大きな傷が残ってしまいますので、

危ないことだけは絶対に避けることです。

 

 

できる限り、夜を一緒に過ごさない

 

一般的に、女性は肌の接触を重ねると、

相手に対する愛情が増すと言われています。

 

別れる決意をしてからは、なるべく夜は一緒に過ごさない方が良いのです。

 

彼から求められても応じないようになれば、

彼も別れへの覚悟が出来てくるはずです。

 

でも、なかなかこの決まり事を守るのは難しいかも知れません。

 

ですので、まずは夕食以降の時間に会わないと決めるのが良いでしょう。

 

今まで以上に、仕事を引き受けて残業するなど、

とにかく夜に暇な時間をつくらないことが大切です。

 

彼以外のことに夜の時間を費やせば、

自然と夜をともにしないことに慣れていきます。

 

肌の触れ合いが少なくなると、段々と相手への依存度も減るのです。

 

これらを実践し、決意がより一層固くなってきたら、

次はいよいよ、彼に別れを切り出しましょう。

 

 

別れは、昼間に会って直接伝える

 

不倫の関係だと、どうしても平日の夜に会うことが多くなりますよね。

 

でも、別れを伝えるときは、休日の昼間に会う約束をしましょう。

 

休日の昼間だと、彼が都合をつけられない理由で、

平日の夜の約束になる可能性が高いのですが、そこはきっぱりと断って下さい。

 

「大事な話だから、休日に時間をとって欲しい」とはっきり伝えましょう。

 

なかなか会えないからと言って、

電話やメールなどで済ませるのもは、よくありません。

 

会う約束をして、面と向かって別れを切り出すのには、

相当なパワーが必要になります。

 

でも、それだけ自分に負担をかけておくと、

別れあとに、よりを戻してしまう可能性が少なくなります。

 

別れを切り出すときは、

きちんと休日の昼間に会う約束をとるところから始めてみて下さいね。

 

次に、無事に別れる決意を伝えて、不倫やめることができたら、

繰り返さないためにも、別れたあとの過ごし方が大事です。

 

 

別れたあとの過ごし方

 

 

別れたあとは、何もやる気が起きなかったり、

もう恋なんてしたくないと、ふさぎこんでしまう方が多いようです。

 

より良い人生を送るために不倫をやめたのに、

落ち込んでしまっては、もったいないことです。

 

それでは、別れたあとの過ごし方について考えていきましょう。

 

 

【絶対に二人で会わない】

 

「よりを戻す心配もないから、彼に会いたい」

仮にこんなことを思ったとしても、別れたあとは

絶対に二人で会わないようにして下さい。

 

彼に会ってしまうと、次の恋のスタートが遅れてしまうからです

 

好きなのに別れることになった相手ですから、

「やっぱり、素敵な人だ」などと思い起こしてしまうと、

次に付き合う男性のハードルを、

知らず知らずのうちに上げてしまうことにつながります。

 

振り切った恋に心を乱されてしまわないように、

二人で会うことは絶対にやめましょう。

 

 

【仕事に集中する】

 

社会人である女性には、とっておきの過ごし方があります。

それは、思いっきり仕事に集中することです。

 

他の人の仕事も引き受けるくらい、率先して仕事に向き合いましょう。

 

忙しくしていると、目の前の出来事を処理するのに気持ちが向いて、

自然と終わった恋のことを考える時間が減るからです。

 

また、仕事を頑張ると、残業代が入ったり、

新たな仕事から友情が生まれたり、手伝った人に感謝されたりと、良いことだらけです。

 

終わった恋のことを思い出さないようにするのは難しいですが、

思いっきり働くことならすぐに出来ます。

 

そうすることで、

「他にもたくさんの楽しいことや、やるべきことがある」

ということに気付かされます。

 

一度、恋愛を休むためにも、思いっきり仕事をしてみましょう。

 

 

【独身男性と付き合ってみる】

 

彼のことを思い出す時間も減り、

仕事も趣味も楽しめるような普通の生活ができるようになったら、

次は、独身男性と付き合ってみましょう。

 

恋愛に復帰するのです。

 

付き合うにあたり、人選びに慎重になる気持ちは分かりますが、

「自分の中で最初に付き合おうと言ってくれた人と付き合う」

などのルールを持って付き合う相手を決めましょう。

 

あなたは、不倫の恋をしていたときに、

「彼と離れるなんて、絶対に考えられない」

「ずっと、この気持ちは変わらない」と思ったことはありませんか?

 

その「絶対やずっと変わらない」と思っていた気持ちが、

そうではなかったことに気付かされたと思います。

 

ですから、今後の恋についても、

「この人とは、絶対にうまくいかないだろう」

「どの人も、いつかはきっと浮気する」と決め付けずに、

向き合ってみれば良いのです。

 

身構えてしまっては、上手くいくものも上手くいかなってしまいます。

 

恋愛復帰の第一弾として、独身男性とお付き合いしましょう。

不倫の恋を忘れさせてくれるのは、新しい恋ですよ。

 

 

最後に

 

不倫は、今はとても楽で、楽しいかもしれません。

 

でも、それと引き換えに、

あなたの人を信じる気持ちや独立心を奪ってもいきます。

 

そうして、あなたの心や体に汚れが生まれてしまうのです。

 

人は、自分がいいなと思うものに惹かれる生き物です。

 

不倫で心や体が汚れた人に、

「いいもの」、「いい人」は集まってきません。

 

不倫を断ち切り、心も体もキレイな人になって、

これから先、素敵な人生を引き寄せましょう。

 

「やめたい」と思えたことが、第一歩ですよ。

 

 

いかがでしたか?

 

「不倫の断ち切り方と別れたあとの過ごし方」

をご紹介させていただきました。

 

ぜひ参考にして、不倫の恋をやめてみて下さいね。

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。

↓↓

 

 

 

 

【心の悩み】嫉妬心・ねたみ、「嫉妬」は幸せになるためのチャンスなのか!?

どうも田村です。

 

 

今回のお悩み相談は、
「同性への嫉妬やねたみに苦しむ、女性の悩み」です。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

嫉妬したくなくても、してしまう自分・・・。

涙してしまうほどですから、お辛いことでしょう。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

嫉妬心・ねたみ・自分と他人を比較する心を克服した方に質問です

 

 

【相談内容】

嫉妬心・ねたみ・自分と他人を比較する心を克服した方に質問です

 

嫉妬されたりねたまれたり、される側もいやでしょうけれど、

したくないのにしてしまう側も辛いです。

 

私は今、ある女性に対して、ものすごく嫉妬しています。

あ、私も女です。

 

なにもかもその女性が上だ、って思い、

涙が出てくることがあります。

 

一番羨ましいのは、旦那さんと一緒の時間がとても多いこと。
旦那さんはすごくお金持ちなので、あくせく働く必要がなく、

かといって女遊びをすることもなく、

奥さんとふたりきりで過ごすことが多いです。

 

小さい子供が3人いるのですが、早くから保育園に預けています。

旦那さんは会社経営の方なので、

うまく処理して正規の保育料を払っていません。

 

そんな状況で、昼間はまるまるふたりの時間。

昼間からラブホテルに行くこともあるそうです。

 

二番目に羨ましいのは、その女性は昔メイクアップアーティストの

仕事をしていたそうで、手に職というんですか、

技術を持っています。

 

旦那さんが海外出張で家を空けるときだけ、

自宅で仕事をしています。
たくさんの生徒さんが訪れます。

 

その女性は、完璧なんです。

きれいで、優しくて、家事もしっかりやって、人当たりも良く、etc・・・

 

すごく年上だったり、遠くに住んでいる人なら、

きっと素直に憧れていられたんだと思います。

 

私と同い年で、子供の数も年齢も生まれた性別も一緒、

まあ共通点はこれだけなんですが、それだけでも私は

勝手にライバル視?というか、意識してしまいます。

 

平穏な心を取り戻したいです。
どうすればいいのでしょう?

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

嫌な思いをする相手とは、付き合わない事です。

又は、疎遠にしていきます。私は常にそうしています。

 

嫌な事をされた訳でなくても、質問者様(あなた)にとって、

その状況は、精神衛生上、マイナスの相手です。

 

あなたはいつでも一番なのです。

あなたのライバルは、あなた自身であり、他人ではありません。

 

何に嫉妬されているのでしょうか。外見?脳?
外見なら、お金を払ってでも変える事だって出来るのです。

 

その人があなたの言う、そんなに美人なら、

既にお金を支払っているでしょう。

 

脳は、お馬鹿な方が万人に好かれ、可愛いがられます。

 

お金持ちかどうかは、貯金通帳を見たわけではないでしょう。

借金で華麗に、自転車操業をしているだけかも分かりません。

 

有り余って増えているなら、やがては、海外で夫の愛人に流れます。

 

また、こんな話があります。

自分を演出をするのがうまく、人からこう思われたい。見られたい。という表現を、実に巧みに表す事の出来る、

『自分演出家』という人がいるそうです。

 

しかし、実際とは異なり、本当の内容は伴っていません。

その方もそうかも知れませんよ。

 

気にする事はありません。あなたは、あなたの道を行って下さい。

自分自身に厳しく、優しく、ケアをして、心のウエイトを常に

「自分一番」にしてあげて下さい。応援しています。

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012626080

 

 

なるほどね。

 

意識しないためにも、嫉妬する相手とは付き合わない、疎遠になる。

確かに、これは最も有効な方法の一つと言えるでしょう。

 

今回は、少し視点を変えて、

「嫉妬との上手な付き合い方」についてお伝えしたいと思いますよ。

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

「どうしても、同性のあの人のことが気になって仕方ない」
「あの人よりも、もっと可愛くなりたい」

「私はあの人より出来ない人間だから頑張らないと」

 

このように、「つい嫉妬してしまう」ということは、

誰にでも経験があるのではないでしょうか?

 

嫉妬心を持つのは、人が生活していく上で仕方のないことだと言われています。

 

そして、自分以外の人がいる限り、嫉妬心は芽生えるものなのだそうです。

 

この嫉妬の感情が強くなれば強くなるほど羨ましさから、

つい嫌味を言ってしまったり、嫉妬している相手と自分を比較して、

自己否定を始めてしまう人が多いようですね。

 

この状況が続くと、どんどん自分自身を惨めな人間にしてしまいます。

 

嫉妬の感情というものは、上手く扱ってあげないと、

自分の明るい未来までも、台無しにしてしまう可能性があります。

 

ですが、実は嫉妬してしまうときは、

自分を知り、より自由に生きられるようになる「チャンス」だと知っていましたか?

 

 

なぜ、人は嫉妬するのか?

 

そもそも嫉妬というのは、

自分に対する「制限」、「禁止」から起きているといいます。

 

例えば、

「自分が我慢しながら仕事をしているのに、

上司は要領よく振る舞って、ろくに仕事もしないで高い給料をもらっている」

 

「自分はどんなに頑張っても幸せになれないのに、

あの人は何の努力もしていないのに幸せそう」

 

このように、

「本心では自分もそうしたいと思っているにも関わらず、制限をかけていること」

を相手がしているのを見たときに、「羨ましい」という感情が出てきます。

 

仮に、自分自身も要領よく仕事が出来たり、幸せだと感じていたとしたら、

そうした行動をしている人を見たとしても、羨ましいと思うことはありません。

 

また、高級車を何台も所有していて自慢している人がいたとしても、

そもそも車に興味がなければ、そんなに嫉妬の感情を持つこともないはずです。

 

人は、「自分が本当はそうしたいと思っていて、

かつ、出来ないことがあるときに、それを自由に行っている人がいる」

これを見たときに、嫉妬をするのです。

 

ここで重要なのは、嫉妬をしてしまうとき、

そこには「自分が本当はしたいと思っている」

という気持ちがあるということに気づくことです。

 

嫉妬をしてしまう自分が駄目なわけでも惨めなわけでもなく、

嫉妬は、ただ「自分はそれをまだしていないから、

それをしたいならば本当はやっていいんだよ」というサインなのです。

 

 

自分が嫉妬したときのことを思い出してみる

 

では次に、自分が嫉妬してしまったときのことを思い出してみて下さい。

 

過去にあなたは、どんな相手に嫉妬をしましたか?
そして、その相手は、どんな行為をしていましたか?

 

女性らしい華やかな外見をしている人でしょうか。
それとも、苦労なく周囲の人に助けられている、要領の良い人でしょうか。

 

嫉妬するポイントは、人それぞれ異なります。

 

嫉妬の感情を思い出すのは辛いことですが、

恐れずに「どんな人に対して、どんな行動に対して嫉妬していたのか?」

これを見直してみましょう。

 

 

嫉妬した行動を、自分でもチャレンジしてみる

 

 

自分がどんな相手のどんな行動に嫉妬しているのかを理解したら、

次に、その相手がしていた行為を自分に許してみましょう。

 

例えば、

女性らしい華やかな外見をしている人に嫉妬していたなら、

自分も同じように女性らしい華やかな装いをしてみます。

 

苦労なく助けられながら仕事をしている人に嫉妬していたなら、

自分も「要領よく、助けを求める」ということを許してみます。

 

このように、相手のことをよく観察しながら、

自分が相手のどんな行動に嫉妬しているのかをよく見直し、

「自分も相手と同じ行動をしていいんだ」というように

制限を外してあげることが大切なのです。

 

人は、自分も相手と同じような行動がとれると分かったとき、

相手に対して特別な感情を抱くことはありません。

 

ですので、嫉妬してしまうときは、

「これから自分がやるべき課題を教えてくれている人がいる」

といように捉えて、チャンスだと思ってみましょう。

 

こうすることで、嫉妬するたびに、

「今からチャレンジしてみよう」というように、

自分を自由に生きるための素晴らしい機会に変わっていくのです。

 

嫉妬の感情を抱くことは、

常に他者と自分を比較することになるので、

自分で自分を苦しめてしまう結果になります。

 

ですが、嫉妬という感情から気づきを得ることで、

私たちは簡単に制限を外し、より自由に生きることが出来るのです。

 

自分で自分の行動を制限してしまうことを止めて、

これからの新しいあなたを育ててあげてください。

 

 

それでも嫉妬してしまう時は?

 

自分を大切にする人は自分が好きなこと、

やりたいことをする時間や余裕を確保しています。

 

こうして自分を大切にすると、

嫉妬心の現れ方が変わってくるといいます。

 

誰かと比較したり、誰かのことを考えたりする時間があるなら、

自分が楽しめること、集中できることをするということです。

 

このような行動をしていると、

「自分はこれでいい」という考え方を身につけられるようになり、

自分のあり方に自信がつき、むやみに嫉妬しなくなるのです。

 

頭や心が悶々として、嫉妬の感情が出てきたら、

それ以上考えることをやめ、好きなことをすれば良いのです。

 

他人から見て立派な行動や、誰かと比較しての行動ではなくてかまいません。

 

・カラオケで大声で歌ってスッキリする

・美味しい料理をつくる

など、自分が楽しい、スッキリするという行動をとってみてください。

 

 

いかがでしたか?

 

「嫉妬との上手な付き合い方を」をご紹介させていただきました。

 

嫉妬することは、仕方のないことですが、

ぜひ、参考にして、平穏な心を取り戻して下さいね。

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。
↓↓

 

 

 

 

【人生の悩み男性編】人生への不安、「不安の正体はこれだった」不安の原因と解消法

どうも田村です。

 

 

今回のお悩みご相談は、
「人生に不安を抱える、男性の悩み」です。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

人生は先が見えないから、

不安になっても仕方がないことでしょう。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

真面目な質問です。今後の人生が不安です。

 

 

【相談内容】

真面目な質問です。
今後の人生が不安です。

 

自分にはずば抜けた才能が全くないです。

頭も悪いですし、緊張に弱いですし、リーダーシップもとれません。

 

何より、自分より能力の高いであろう人達が

毎年大勢が自殺するとか…

 

今後、自分にはどんな災難が降りかかってくるんだか。怖いです。

あまり気にしすぎないほうが良いのでしょうか?

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

ごめんね、おじさんは能力者だったから貴方の気持ちは分からない。

 

小さい頃から優等生で、生徒会とかもやってたし、

部活もバリバリやってたし、大学は某赤門のある大学を出てます。

ほんとよ?

 

でもね、そこから転落人生。本当は研究者(小保方さんみたいな?)
になりたくて大学院に行ったんだけど、精神的な病気を患って、
結局中退。

 

東京で細々とフリーターやってたら、

両親が立て続けに 病気になって、帰郷。

親の介護と自分の治療とフリーターの生活で、気がつけばこんな歳、
はっきり言ってもう人生、先なんて見えないよ!

 

自殺?ああ未遂なら何度もやってますよ?簡単ですよ。

やり方教えましょうか?・・・なんてね。

 

おじさんは結局弱かったんですよ。

才能があっても弱くてはだめです。

 

それとやはり年をとるとやり直しは難しい。

逆に言うとメンタルが強ければ才能なんて必要なし!

己の信念に従って突き進むのみ!
そんな人を何人も見てきました。それで十分だと思います。

 

それに貴方はお若いんでしょう?

若さも一つの大きな才能ですよ?

 

将来がどーなるかなんて神か仏の匙加減ひとつです。

悩んでるより今を一生懸命生きましょう。

死ぬのが何時かわかりませんが、

それまでは全力で生き抜きましょう。

 

漫画『バガボンド』より

「この世に強い人なんておらん。
強くあろうとする人、おるのはそれだけじゃ。
弱い者は己を弱いとは言わん。おぬしはもう弱いものではない、
強くあろうとする者、もう一歩めを踏み出したよ。」

 

貴方はきっと「強くあろうとする者」なのでしょうね。
長文失礼しました。

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10135471850

 

 

なるほどね。

 

人生は、この先何があるかなんて誰にも分かりませんよね。

漫画バカボンドにこんな名言があったこと・・・知りませんでした・・・。

心が温まる回答ですね。

 

今回は、「不安の正体と解消法」についてお伝えしたいと思いますよ。

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

不安というものは、とてもやっかいなものですね。

 

何かの不安に捉われてしまうと、心がモヤモヤして不快を感じ、

居ても立ってもいれらなくなるばかりではなく、更に不安を呼び、

冷静な判断が出来なくなります。

 

一度この悪循環に陥ってしまうと、抜け出すのはとても大変です。

 

あなたも、こんな経験があるのではないでしょうか。

 

しかし、実はこの悪循環はちょっとした工夫で断ち切る事ができます。

 

不安を自分で制御する術を身に付ければいいのです。

 

 

なぜ、人は不安になるのか?

 

なぜ?人は不安になるのかを考えてみると、

自分でコントロール出来ないことがあると、人は不安になります。

 

そして、コントロール出来ない程度が強くなればなるほど、不安も強くなります。

 

自分でコントロール出来ないということは、

言い換えれば 「結果が読めない」という事です。

 

私たちは、その不確実性を「不安」として感じるわけです。

 

例えば、

あなたが時給1,500円のアルバイトを始めたとします。

 

この時、「給料1,500円もらえるのだろうか?」と不安に感じるでしょうか?

 

「1時間働けば1,500円もらえる」という契約なのですから、

給料がもらえない不安は高くはないでしょう。

 

これは、契約条件で「1時間で1,500円もらえる」

という結果が分かっているからですね。

 

不確実性は低く、確実にもらえる可能性が高いわけです。

 

仮にこれが、

「1時間に10人のお客さんが来店してくれたらもらえる」

という成果報酬だったらどうでしょうか?

 

お客さんが来るかどうかは、自分の努力も関係するものの、

それだけでは完全にコントロールは出来ません。

 

こうなると、「自分でコントロールできない」という不確実性が高まり、

その結果、「1,500円もらえるだろうか?」という不安は高くなるのです。

 

このように、不確実性が高くなれば、不安も高くなります。

 

では次に、私たちにとって不確実性は高い事というのは何でしょうか?

 

代表的なものとしては、「人間関係や未来」が挙げられます。

 

これらは自分の努力のみではコントロールできませんよね。

 

洗脳でもしない限り、意志を持っている「人」を、

完全に コントロールすることは不可能です。

 

仕事や恋愛などの人間関係で不安を感じて悩む人が多いのは、

相手を自分で100%コントロールすることが出来ないからです。

 

また、未来については誰にも分からず、不確実なものです。

 

未来は誰にも分からないため、

・将来、重大な病気になったらどうしよう

・将来、お金がなくなったらどうしよう

など、不安になってしまうのです。

 

 

不安は必要?不安が全くない世界を想像してみる

 

 

果たして、不安から完全に逃れることは可能なのでしょうか?

 

それは、不可能です。

 

未来・将来がない人はいないし、それを考えない人もいません。

人は不安から完全に逃れることはできないのです。

 

仮に、「不安がまったくない世界」があったらどうでしょうか??

 

不安で悩んでいる方にとっては、

夢の世界に感じるられるかもしれませんが、

果たして本当にそうでしょうか?

 

「不安がない」という事は、

全てに確実性があるということです。

 

・相手が何をするのか手に取るように分かる

・明日、何が起こるのか全て把握できる

確かに、これなら不安は感じないでしょう。

 

でも、これは楽しいことなのでしょうか?

 

私なら、生きる意味を失ってしまうと思いますし、

分かりきった毎日を過ごすのは非常につまらないことだと思います。

 

「全て決まりきった人生を決められた通りに生きていく」

不安はなくなるかも知れませんが、生きる楽しさを感じられません。

 

このように「不安のない世界」を考えてみると、

「不安というのは必要なものだ」という事が見えてきます。

 

過剰な不安が害になるだけであって、

適度な不安は人生をより豊かにするために、必要なものなのです。

 

人は不安から逃れることはできません。

しかし、不安は私たちにとって必要なものでもあるのです。

 

この事に気づくと、 不安は、敵対視するのではなく、

「上手く付き合っていく必要があるもの」という捉え方をすべきだと気づきます。

 

まずは、このことに気づくことが、不安を上手に解消する第一歩です。

 

では、これらを踏まえて、

「不安を上手に解消するための方法」をご紹介しましょう。

 

 

解消法1、不安の正体を突き詰めてみる

 

不安に襲われたら、

「この不安の正体は一体なんなのか?」を深く掘り下げてみましょう。

 

その正体をより確実に知ることができれば、

不安はそれだけで低下します。

 

頭の中で考えるだけでなく、紙に書くようにしましょう。

その方が冷静に、多角的に評価することが出来ます。

 

・何に対して不安を感じているのか?

・その件に関して、現実的に取れる対策はないのか?

こういったことを、とことん追求してみるのです。

 

例えば、

「明日の就職面接で上手く話せるかが不安」という事に気づいたら、

今出来ることは、会話の精度を高めることだけだと分かります。

 

自分ではこれ以上できないと思えるくらい、

精度が高まっているのであれば、もう他にすることはありませんから、

「あとは自分の力ではどうもならない」とあきらめもつきます。

 

不安はどんどん不安を呼ぶ習性がありますので、

不安になっている時は、冷静に判断できていないことがあります。

 

最初のタネは、ほんの小さなことでも、

それがすでに解決していることでも、どんどん増幅していることがあるのです。

 

根本をしっかりと見つめなおしてみれば、

案外それはたいしたことはないものかも知れませんよ。

 

不安は、冷静になって、正体をしっかりと客観的に見極めることが大切です。

 

 

解消法2、規則正しい生活が大事

 

不安になると、それに捉われすぎて、 日常生活がおろそかになりがちです。

 

食事どころではなくなり、食欲が落ちます。

ついつい考え込んでしまい、寝る時間がどんどん遅くなります。

 

不安な気持ちはよく分かりますが、

この状況は、不安をより悪化させていることになります。

 

実際に、睡眠不足や昼夜逆転になると、不安がより高まります。

 

また、食生活が偏っていても同様です。

 

不安な時こそ、規則正しい生活を意識しましょう。

 

 

解消法3、過去の不安とその結果を見直してみる

 

 

心配事の9割は、「実際に起こってなかった」ということが多いのです。

 

ほとんどの不安は、現実になることはなく、後から見直してみると、

「不安に思うだけ無駄だった」と 徒労に終わっているのです。

 

これを客観的に意識しておくことは大切です。

 

長い人生には、無数とも言える「心配事」があると思いますが、

その9割は、実際には起こってないのです。

 

あなた思っている不安も、例外ではありませんよ。

 

客観的には、あなたのその不安が現実化する可能性は10%だということです。

こう考えるだけでも、気持ちが楽になりませんか?

 

また、今までどうしようもなく不安で仕方なかったことと、

その不安が実際にどうなったのかを見直してみてください。

 

今日まで「あなたが生きている」という事は、

その不安であった出来事は、少なくとも命を脅かすような

結果にはなっていないことが 分かります。

 

不安に思っていることなんて、大概は「その程度のもの」なのです。

 

 

解消法4、不安を吐き出す

 

不安は溜め込んではいけません。

 

最初は小さな不安でも、どんどん些細なことを不安に変え、

気が付けば巨大化しているのです。

 

巨大化させないためには、溜め込まずに吐き出すことです。

 

誰かに「こんなことで不安なんだ」と話してみましょう。

 

誰かに吐き出すことは、2つの大きなメリットがあります。

 

まずは、「理解してもらえた」という安心感を得られます。

 

・理解や協力してくれる誰かがいる

・一人じゃない

などの安心感はとても大きいもので、それだけで不安は和らぎます。

 

また、相談相手は、冷静な視点から話を聞いてくれますから、

不安に捉われて冷静でなくなっているあなたに対し、

「冷静で正しいアドバイス」をくれます。

 

これもとてもありがたいことですよね。

 

相談相手が身近にいなければ、Yahoo!知恵袋などで質問するのもお勧めです。

 

今回の回答者さんのように、

親身になって、温かく、冷静な意見を返してくれます。

 

 

解消法5、思考を分散させてみる

 

どうしても不安な気持ちから逃れられない場合は、

強制的に違うことを考えるような環境にすることも効果的です。

 

例えば、運動したり、音楽を聴いたりなどです。

 

他の何かに集中することで、

不安なことへ意識が向かなくなり、

気が付けば、不安の捉われから抜け出しているのです。

 

気が向かなかない場合でも、ぜひやってみましょう。

 

また、違うところに意識が向くように工夫してみることも有効な方法です。

 

 

最後に、

 

人生には、自分一人ではどうすることもできない事柄がたくさんあります。

 

自分のことや相手のことなど悩みの種は様々ですが、

まずは不安がどこからきているのかを確かめてみましょう。

 

その不安を自分の手で物理的に解消できる余地があるならば、

最善の策を尽くしきることです。

 

体を動かして、精神を元気にさせてあげる、

または、気持ちの方向転換を行うことで良いイメージを持つことに専念しましょう。

 

不安解消の方法を意識して行うことで、

自然と不安ばかりに目が向かず、気持ちも楽になるはずですよ。

 

 

いかがでしたか?

 

「不安の正体と解消法」をご紹介させていただきました。

ぜひ、参考に不安と上手付き合ってみて下さいね。

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。
↓↓

 

 

 

 

【恋愛の悩み】異性への恐怖心、恋愛恐怖症に悩む女性の特徴と克服法とは!?

どうも田村です。

 

 

今回のお悩み相談は、

「恋愛に不安と恐怖を抱く、女性の悩み」についてです。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

学生時代に、男性から言われた言葉に傷つき、
今でも思い出してしまう・・・。
恋愛の妨げになっていて、とても辛いことでしょうね。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

恐怖心に関してご相談させて頂きたいです。

 

 

【相談内容】

恐怖心に関してご相談させて頂きたいです。
30代女性です。恋愛経験はありません。

 

仕事中であれば男性と普通にお話しできるのですが、

プライベートとなると話が出来なくなります。

 

学生時代に「暗い」「不細工」など男子に結構言われ、
一番記憶にあるのは好意があった男子に「一緒に居てつまらない」

と言われた事です。

この「つまらない」が私の中で刺さっており、抜けません。

 

30代になり今年親の紹介でお見合いをしたのですが、
2回目のデートで私とは別で御付き合いしている方がいるとポロッと

言われ私からお断り致しました。

 

結婚相談所にも入会したのですが、
いざ活動!となる時期に不安と恐怖で仕事中や夜に泣いてしまったり現在気持ちが不安定になり退会しようと思っております。

 

周りに迷惑ばかり掛けて、申し訳無いと本当に思います。
御付き合いした事も無い奴が何を言っているんだ!とは

思いますが恋愛へのスタートがどうしても切れません。

 

恋愛に向いていないのでしょうか?
アドバイスやお叱りなど頂ければ幸いです。

 

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

その恐怖心は実際に良いパートーナーを見つけて

幸せにならないと拭えない気がします。

あと、異性とのコミュニケーションに困っているようですが、

それは同性と楽しく会話してるのと同じ感覚で話せば良いと

思います。

 

どうしても恐怖心で1歩踏み出せないと言うのは分かるのですが、

やはり人間というのは行動あるのみだと思いますね。

 

恋愛映画、恋愛小説などみたりしてイメージするのも

大変効果があると思います。

 

それと、成功というのは必ず行動して、

失敗、反省して成功するのです。

 

つまり行動しない限り何も始まらない。

話しがつまらない、上手く話せないなら、

また失敗した次の男性にはこういう所に気をつけて

行動しようとかそういう努力を、何回も重ねなければ

絶対にいいパートーナーと出会えません。

 

話しを聞く限りでは全く男性と関わってないですよね笑っ

1人失敗したら次の男性!というように何回もリベンジ

しなくちゃダメですよ。

愛し合うって本当に幸せですよ

 

行動あるのみ。
同性の友達を作ってトーク力をあげるとか、

身だしなみの整え方を学んだり。努力をしましょう。
頑張って下さい。

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12165813742

 

 

なるほど、そうですね。

 

悩んでばかりで、行動に移さなければ、

克服は難しいかも知れませんよね。

 

今回は、「恋愛恐怖症の特徴と克服法」をお伝えしたいと思いますよ。

 

 

田村の「問題解決提案」

 


「恋愛するのが怖いと感じますか?」と

女性にアンケート調査をした結果があります。

 

・はい(45.5%)

・いいえ(54.5%)

 

意外にも、約半数近くの女性は、恋愛に対して怖いと感じていて、

過去の恋愛がトラウマになっているという女性も結構多くいるようです。

 

・好きな人にひどいことを言われた

・彼氏に浮気された

・彼氏に暴力を振るわれた

 

など、トラウマの種類は人それぞれですが、

男性に対する不信感によって「恋愛恐怖症」というものが

引き起こされている実態があるようですね。

 

では、まず恋愛恐怖症になる女性の特徴をご紹介します。

 

 

恋愛恐怖症の女性の特徴と心理

 

恋愛恐怖症の女性には、どんな特徴があるのでしょうか?

 

先程のアンケートの結果では、

・男性が苦手

・傷つくのが怖い

・自分に自信がない

・過去にトラウマがある

 

このように、自分に自信がない女性や、

過去の恋愛のトラウマから、新しい恋愛に進めない人も少なくないようです。

 

前に進む勇気があれば、恋愛恐怖症を克服できそうですが、

なかなか、すぐには難しいものですよね。

 

そして、恋愛が怖くなる心理としては、

自分の感情や行動、生活を理性的にコントロール出来なくなる

ことが原因になっています。

 

例えば、

・恋愛によって自分の趣味が変わる

・浮かれて恥ずかしい姿をさらけだす

・舞いあがって、幸せな気分になる

などの他、必要以上に傷ついたり、苦しんだり、悲しんだりもすることでしょう。

 

恋愛をすると、今まで自分に自信があった人でも、

相手に嫌われたくないという思いから、急に自信を喪失することがあるのです。

 

では、このような「恋愛恐怖症」を克服するには、

どうすれば良いのでしょうか?

 

 

恋愛恐怖症を克服する方法

 

 

実は、恋愛が怖くなくなる方法はありません。

 

恋愛が怖くていいのです。

 

恋愛によって自分を見失いそうになったとしても、

「こんなの、自分じゃない」と卑下する必要はありません。

 

変化を受け入れ「そんな自分」も愛してあげることが大事です。

 

そもそも恋愛恐怖症は、自己否定から始まっています。

 

自分を否定しながら恋をするよりも、

自分を肯定して受け入れながら恋を進展させていくほうが、

どんな結果になったとしても、プラスに変換させることが出来るはずです。

 

恋愛には、必ずハッピーエンドが待っているわけではないですが、

苦しんだり、傷ついたあとには、強さや輝きが増してくるものです。

 

また、恋愛の経験を重ねることで、恋愛上手にもなれます。

 

恋愛することが怖いと思ってしまうと、

どんどん自分の殻に閉じこもってしまい、そこから動けなくなってしまいます。

 

でも、自分から行動しないと、恋愛のチャンスをつかむことは出来ません。

 

お付き合いまでいかなくとも、

まずは街コンなどに参加してみるなどして、

恋愛をはじめるきっかけを作ってみて下さい。

 

そして、過去に受けた心の傷は癒すのが難しいですが、

街コンなどに参加することで、目の前に素敵な男性が現れて、

あなたの心の傷を癒してくれることもあります。

 

「もう二度と恋愛はしない」などと自分自身に言い聞かせてしまっていては、

せっかくのチャンスを無駄にしてしまうことになります。

 

男性に対して不信感を抱いてしまっていると、

たとえどんなに素敵だと思える人と出会えたとしても、

なかなか信用するのは難しいかもしれませんが、

「過去に受けた心の傷は必ず癒える」と信じてみましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

「恋愛恐怖症の特徴と克服法」をご紹介させていただきました。

 

ぜひ参考にして、一歩踏み出してみて下さいね。

 

また、こちらの記事も参考になりますので

読んでみて下さい。

参考:恋愛につきまとう不安の解消法

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。

↓↓