タグ:Yahoo!知恵袋の記事一覧

後知恵BLOG

【仕事の悩み】仕事でミスを繰り返してしまう、2つの原因と2つの解決策

どうも田村です。

 

 

今回のお悩みご相談は、
「仕事上の大きなミスが原因で、辞職を考える男性の悩み」についてです。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

誰にでもミスはつきものですが、
大事な場面で大きなミスをしてしまうと、

怖くなったり、自分には障害があるのでは?と、

心配になってもしまうものですね・・・。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

仕事で大きなミスをしました…辞職も考えています。

 

 

 

【相談内容】

【至急】仕事で大きなミスをしました…辞職も考えています。

 

私は地方でデザイン事務所に勤めています。
入社して4年目になります。

 

入社当初から小さなミスを繰り返していました。
入社半年目に大きなミスを1回、

去年にも大きなミスを1回しています。

そして、今回また大きなミスをしてしまいました…。

 

もう自分が情けないし、この仕事が怖くて仕方ないです…

 

この仕事が向いていないことはずっと前に分かっていて、

辞めようと考えていたのですが、
なかなか切り出せず今回までいたり、
そして今回のミスです…

 

こんなにミスが多いなんて異常ですよね…
自分に何か障害があるのじゃないか心配にもなります…

 

【補足】
ニューオープンのお店のサイン類のデザインをしていたのですが、
スペルを1文字間違えていました。
昨日、施工してしまい、本日ミスが発覚しました…

オープンが迫っていて慌てていたため、

出稿前のスペルチェックなども怠っていました。

今までのミスも同じような全て凡ミスです…
校正をしっかりしなければと思っているのですが、

焦ると何かを見落としたり、わすれたりします…

 

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

あなたみたいな 【プロ意識】の欠如した人間・・・

すなわち、【ミスから学ばない人間】は辞めた方がいい。

 

まぁ、そのような思考回路では

どのような職に就いたところで厳しいと思いますが。

 

以上

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1460607599

 

 

なるほど・・・。

「言葉は、時には鋭い刃物にもなる」とは、このことでしょうか・・・。

 

確かに「プロ意識」は大事ですが、

言葉は扱い方を間違えれば、人を傷つけてしまいますよね。

 

 

今回は、

「ミスを繰り返す原因と解決策」について、お伝えしたいと思いますよ。

 

 

田村の「問題解決提案」

 


「また同じミスをしてしまった・・・」

仕事をしていると、ついやってしまいがちな簡単なミス。

 

「同じミスはしないように」と思っているものの、
気付いたら、同じミスを繰り返してしまったり、
きちんと見直したつもりでも、見逃してしまう・・・。

 

誰にでも、このような経験があるのではないでしょうか?

 

新人だろうと、長年の経験者でも
仕事に携わる限りは、ある程度のミスは仕方のないことです。

 

ですが、同じミスを何度も繰り返していると、
周囲からの信頼は下がるばかりで、
最終的に自分を追い込んでしまう結果になってしまいます。

 

では、どうしたらミスを少なくすることが出来るのでしょうか?

 

 

ミスを繰り返してしまう2つの原因

 

ミスを繰り返してしまう原因は、2つあります。

 

一つ目は、「疲労による集中力の低下」です。

 

プログラムされた機械のように、

毎日、同じように仕事ができれば苦労はしませんよね。

 

でも、ほとんどの人は、寝不足や眼精疲労など、

体のどこかに疲れを溜めこんでしまっているものです。

 

この状態では、当然集中は低下してしまうし、ミスも増えてしまうことでしょう。

 

簡単なミスを繰り返さないためにも、まずは、体調管理が大事です。

 

仕事が忙しいと、ついおろそかになるのが体調管理。

 

・5時間以上の睡眠をとる

・ゆっくり湯船に浸かる

・朝食をきちんと食べる

 

私もよく健康診断で指摘されることが多い事項ですが、

まずは、意識して健康的な生活を送るようにしましょう。

 

 

二つ目の原因は、「職場の人間関係」です。

 

いつの時代も、仕事の不安やストレスの原因は、「人間関係」にあります。

 

ミスを繰り返してしまう原因として、

「職場の人間関係」が大きく影響しているのです。

 

上司や先輩から、まともな指導を受けられなければ、

当然、仕事の質が下がってしまいますし、

協力を得られなければ、仕事の量が増えることにもつながります。

 

物理的な問題だけではなく、

実は、人間関係のストレスによる心理的負荷が、

ミスを多発させる要因になっているのです。

 

気持ちと身体は、連動していますので、

身体は、気持ちの影響をもろに受けてしまいます。

 

人間関係で緊迫した状況が起こっていれば、

自分のパフォーマンスをフルに発揮することは出来ません。

 

見られているだけで緊張したり、

怒られることで、恐怖を感じたりすることも、

実際にあるのではないでしょうか?

 

このように、自主性が重んじられない職場であればあるほど、

「やらされている感」が強くなり、「自ら動く・自ら考える」

という意識が希薄になってしまいます。

 

この状態に陥ってしまうと、

問題が起こったときに修正することが難しく、

ミスにつながってしまうことも多くなってしまうのです。

 

自分の不注意でミスが発生してしまうと思われがちですが、

意外にも職場の人間関係が原因になっていることが多いのです。

 

ミスを繰り返してしまうことに悩むあなたは、

職場でのコミュニケーションをとれていますか?

 

もし、とれていないのであれば、それは危険信号だと思って下さい。

 

でも、「何をすればいいのか分からない」と思いますので、

次に解決策をご紹介しましょう。

 

 

ミスをしないための解決策

 

 

原因と同じように、解決策も2つあります。

 

一つ目は、

「行き違いのないコミュニケーションをとること」

 

仕事をする上では、円滑なコミュニケーションが不可欠です。

 

コミュニケーションが苦手な人ほど、

どうしても周囲との接触を避けがちになり、確認作業を怠ってしまいます。

 

これでは確認ミスや、伝わらない指示で、

ミスが発生することも多くなってしまうでしょう。

 

ミスが発生しない状況を作り出すには、

行き違いのない、相互理解のコミュニケーションを構築していくことが大切です。

 

確認

質問

分かる言葉で伝える

 

この3点を意識するだけでも、

だいぶコミュニケーションが改善されるはずです。

 

居心地の良い職場であれば、

リラックスして仕事をすることができ、

自分の力も発揮されやすくなるでしょう。

 

 

もう一つは、回答者さんも言っていた、

「プロ意識を持つこと」です。

 

プロ意識というと、難しく捉えがちですが、

大切なのは、自分の仕事に責任を持ち、積極的に周りを巻き込んでいくことです。

 

常に受け身でいると、やっつけ仕事になりがちです。

 

これでは、ミスも起こっても当然でしょう。

 

自分の仕事に対してプロ意識を持つことで、

「やりがい・楽しさ・達成感」を見出していくことができ、

自然とミスも減っていくのことでしょう。

 

 

ミスを防ぐには、自分一人で仕事を背負いこまないことも大事

 

最後にもう一つ。

 

一度、ミスをしてしまうと、

「次は同じミスは出来ない・・・」と、

自分で自分のことを追い込んでしまいますよね。

 

自分を叱責することは大切ですが、

それだけになってしますと、かえってミスを増やすことにつながりかねません。

 

何より大切なのは、

「相談できる人、協力してくれる人を作ること」です。

 

こうすることで、物事を複眼でとらえやすくなり、

ミスを事前に防ぐことが出来るようになります。

 

さらに、信頼できる上司や仲間が居ると、

自然と気持ちも安定してくることでしょう。

 

良い仲間がいれば、モチベーションも上がり、

上司から認められれば、プロ意識も強くなります。

 

「仕事の責任」というプレッシャーに押し潰されないためにも、

周りと連携を取り、協力体制を得て、心身ともにゆとりを持って、

仕事をすることがミスを減らしていくのです。

 

 

いかがでしたか?

 

「ミスを繰り返す原因と解決策」について、

ご紹介させていただきました。

 

ミスを繰り返す人だけに、何か問題があるわけではあります。

ぜひ、参考にして、少しでも悩みを解消してみて下さいね。

 

また、よく読まれている、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

参考:【仕事を押し付けられたとき、断れない心理と上手な断り方】

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。

↓↓

 

 

 

【仕事の悩み】人一倍頑張っても評価されない「3つの原因と解決策」とは!?

どうも田村です。

 

 

今回のお悩みご相談は、
「人一倍仕事を頑張っても評価されない、女性の悩み」についてです。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

どんなに仕事を頑張っても、評価されず・・・

その努力が報われなくて、お辛いことでしょう・・・。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

職場で人一倍頑張っても認めてもらえないことってありますか?

 

 

【相談内容】

職場で、人一倍頑張っても認めてもらえないことってありますか?

 

そんなむなしさをかかえながら仕事をするって辛いですよね。

 

皆さんは努力を評価されない時、上司に訴えますか?

それとも見てもらえるのを待ちますか?

 

最近、あまり努力が実らず、

仕事に対するやりがいがかけてきてしまいました‥

 

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

人一倍頑張っても認めてくれない職場というのは、

それだけの将来性のない 会社だと自分は思いますよ。

 

一生懸命やっている人に対して、

それをきちんと見ていてくれる上司がいるかどうか。

そういった人が居ないという事は会社にとって、

いい芽を見逃しているという事です。

 

自分も人一倍頑張って仕事をしましたが、

周囲の人からの評価はあったものの、
それを見ていて、評価してくれそうな上司はいませんでした。

 

しっかりやっていれば必ず誰かが見てくれる!

という事で周囲から励まされましたが、

そう思ってずっと頑張って努力していても、

結局は認めてもらえませんでした。

 

評価というのはなんだかんだで、個人的な感情等も入りますしね。
もしかしたらご質問者さんの場合、

その他の周囲の人の方が上司に取り入ったり
世渡りをうまくやっているのかも知れません。

 

ただ、アドバイスとしていいたいのは、

結果、万が一認められなくても、
自分が人一倍頑張った!という、

誇りだけは誰にもけなされる事なく、輝き残るという事です。

 

又、私の職場と違い、ご質問者さんの職場は
きちんと見てくれている人がもしかしたらいるのかも知れませんし、
まだ諦めるのは早いです。

 

気持ち的に苦しいのなら、自分にとって、

頑張れる期間をある程度決めて、
それを通り越しても駄目なようなら、

もっとお仕事を気楽に捉えてみてはいかがでしょうか。

 

ご質問者さんは、きっとお仕事に対する情熱も高い人で、

立派なお方とお察ししますが、世の中にはそうではなく、

お金の為や生きる為だけと、
しっかり分け隔てして考えている人も一杯いますよ。

 

万が一の場合は能力をしっかり評価して貰えそうな職場に

転職する事もお勧めしますが、余りご自身に負荷をかけず

頑張ってお仕事をされて欲しいと思います^^

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129435407

 

 

なるほどね。

 

せっかく頑張っているのですから、諦めるのはまだ早いですよね。

 

また、仕事の評価だけにこだわらず、

考え方を変えるのも一つの方法だと思いますよ。

 

今回は、「頑張っても評価されない3つの原因と解決策」

これについて、お伝えしたいと思います。

 

 

田村の「問題解決提案」

 


仕事をしていると、

・人一倍頑張っているのに評価されない・・・

・ろくに仕事もしない人の方が評価されている・・・

・頑張っても評価されないのは何故だろう?

 

このように、長時間労働や多大なストレスにも耐えて頑張っているのに、

「努力が報われていない」と感じている方が多いのではないでしょうか?

 

こんな毎日が続くと、当然モチベーションが下がってしまい、

仕事に行くのが憂鬱になったり、仕事自体が辛く感じてしまうものですよね。

 

また、不満がたまってくると、上司や同僚に対して

批判的な発言をしまうことも、時にはあるかも知れません。

 

あるアンケート調査では、

「長時間働いている割に、あまり報われていない」

と感じている会社員の方が66%もいるようです。

 

ではなぜ?人一倍頑張っても、その努力が評価されないのでしょう。

 

「評価されない」と悩む人の中には、

実は、自分自身に原因があることがあります。

 

ここでは、上司自体に問題の視点を当てるのではなく、

まずは、自分に原因がないかどうか?という視点で、

自分自身を振り返ってみましょう。

 

 

評価されにくい3つの原因

 

1.プライドが高く、偉そうな態度を取っていないか

 

ビジネスでは同じ成果を挙げても、

評価されやすい人とされにくい人がいます。

 

評価される人は、

謙虚で周囲との協調性があり、基本的に人柄が好まれていることが考えられます。

 

逆に評価されにくい人は、

仕事自体はできて能力が高いけれど、

プライドが高く、自分のやり方にこだわりがあって周りを頼らないなど、

見方によっては横柄だったり、偉そうに映ることがあります。

 

評価する上司や周りも人間ですから、

「謙虚な姿勢を持っている人を評価したい」と思うのは、

ある意味仕方のないことなのかも知れません。

 

日頃の自分の態度が周りにどんな風に映っているのか?

忙しく仕事をしていると振り返ることがないかも知れませんが、

一度、冷静に振り返ってみることも大切なことです。

 

 

2.一人で仕事を抱え込む癖がないか

 

「仕事が出来るようになりたい!」

「仕事で評価されたい!」

 

このように意気込むと、自分一人で解決したり、

たくさんの仕事を覚えることが「評価の対象になる」と思いがちです。

 

しかし、仕事は一人でするものではありませんよね。

 

上司は、周囲との協力体制がしっかりと取れているかという点も見ているのです。

 

また、一人で抱え込んだ結果、大きなミスにつながったり、

病気やケガなどで仕事ができなくなったときに、

逆に周囲に迷惑をかけてしまうことにつながります。

 

一人で何でもやってしまうということは、

仕事が出来て能力が高いというよりは、独りよがりで、

いざというときに「周りに迷惑をかけるリスク」をはらんでいると見られます。

 

 

3.仕事をこなすだけでなく提案もしているか

 

やるべき仕事を真面目に一生懸命に取り組んでいるのに、

「評価されない」と感じている人は、少し冷静になって考えてみてほしいのですが、

 

お給料をもらっている以上、

与えられた仕事を真面目にやるのは、当たり前のことです。

 

評価されるのは、プラスアルファの成果を挙げたときなのだと知ることも必要です。

 

企画などの仕事をしているわけでもないのに・・・

「提案なんて出来ない」と思うかもしれませんが、

どんなに小さなことでも良いのです。

 

例えば、一般事務の方であれば、

事務用品の整理にこだわって、皆が使いやすいようにするとか、

今使っているコピー機より、別の製品の方がスペックが高くて、

コストが抑えられるとか、自分の仕事に関する提案をどんどんしていきましょう。

 

そうすることで、やる気も認められますし、

会社に必要な存在感が出てきて、評価の対象になることがあります。
では、自分自身の振り返りが出来たら、

次に客観的な判断をすることが必要になります。

 

自分では気づかないような悪いところや、価値に気づくこともあり、

「自分が評価されない原因」を知る上では非常に重要な判断材料となります。

 

解決策として、

どのように客観的な判断をすれば良いのか?

評価されるためにはどうすれば良いのか?をご紹介していきましょう。

 

 

評価されない解決策と評価されるためのコツ

 

 

1.信頼できる人に客観的な評価を求める

 

客観的に自分を見る方法として、

一緒に仕事をしている信頼できる人に相談して、

自分がどんな風な仕事ぶりかを聞いてみるのも良い方法です。

 

実際に評価をする上司ではなく、

その下のチームリーダーや先輩などがお勧めです。

 

その際の注意点として、

「客観的で正直な意見が欲しい」ということと

「それを聞いて業務改善に活かしたい」という意志をきちんと伝えましょう。

 

その気持ちをしっかり知ることでリーダーや先輩も、

お世辞を言ったり、戦略的な意見を言うのではなく、

客観的に正直な意見を伝えてくれるはずです。

 

そこで自分の直すべき部分が見つけることが出来れば、

改善する努力が出来ますし、良い部分があれば、

まずはそこを伸ばすことを考えることで評価につながりやすくなります。

 

 

2.評価をする上司のことを分析する

 

能力が高く、誰よりも成果を出していても、

本当に評価されない人というのは、残念ながら存在します。

 

本人には落ち度がなくても、

「評価する上司に問題がある」ということも考えられるのです。

 

例えば、

上司が誰に対しても評価をしないタイプの人であれば、

あなたが「この人は仕事ができる」と思っている先輩や、

同僚も同じように評価されていない可能性があります。

 

その場合には、上司からの評価は期待せず、

「今は力を蓄えるときだ」と割り切って、

スキルを磨いたり、人脈を築くなど、

いま目の前のやるべきことに没頭すると良いでしょう。

 

人事異動などで上司が変わった瞬間に大きな評価を得たり、

転職するときに、「気づいたら自分の市場価値が大きく上がっていた」

と気づくことがあります。

 

また、明らかに自分だけが上司から嫌われている場合には、

まずは、自分の態度や言動に問題がないかを振り返ることと、

ベテランの人などに上司が好むタイプを聞いてみることも一つの手です。

 

あえて、ごますりをする必要はありませんが、

相手によって柔軟に自分の態度を変えていくことも、

企業で生き残るための一つの技術だと割り切ることも必要です。

 

 

3.仕事で評価されるためのコツ

 

仕事で評価されるためには、

ただ単に「頑張る」だけでは成果が上がりにくいと考えられます。

 

主観的に行動するだけでなく、

客観的な視点も必要になってきます。

 

例えば、上司に仕事を指示されたとき、

与えられた業務のみをこなすことに、注力し過ぎてはいませんか?

 

もちろん、与えられた仕事をしっかりとこなすことが前提ですが、

「プラスアルファで何か出来ることがないのか?」を検討してみて下さい。

 

その際、無理やり意見を通すのではなく、

「提案ベース」で話ができると良いです。

 

上司は、部下からの提案を待っていることが多い傾向にあります。

 

提案することで、上司との円滑な人間関係を構築できるだけでなく、

あなたに対する評価が上がることも期待出きるでしょう。

 

 

いかがでしたか?

 

一般的に人は、他人への評価は厳しく、自分には甘くなりがちです。

 

もちろん、あなたは頑張っていると思いますが、
あなたに対する上司の評価が厳しくなってしまうこともあります。

 

ぜひ、ご紹介した方法で自分自身を振り返り、

上司が評価せざるを得なくなる状況を作り出してみて下さいね。

 

 

また、よく読まれている、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

参考:【仕事を押し付けられたとき、断れない心理と上手な断り方】

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。

↓↓

 

 

 

【人生の悩み女性編】人生やり直したい、生き方がわからない本質と解決策

どうも田村です。

 

 

今回のお悩み相談は、
「人生に絶望している、女性の悩み」です。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

 

進むべき方向を間違えたことで、

後悔するばかりで、お辛いことでしょう。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

全てをリセットしてやり直したい。しかしもう30歳・・・

 

 

【相談内容】

全てをリセットしてやり直したい。

 

しかしもう30歳。遅すぎました。

「私は今まで何をやっていたんだ」と毎日思うようになりました。

TVでアイドルが「○○です。15歳です」っていうのが

目に留まりました。
その時「私の半分だ〜。私も歳とったな〜」と何気なく思った瞬間、
「私はもう歳だ。終わった。今まで何やってたんだ」と、
ものすごい感情になっていました。

 

歳なんて必ずみんなとるものだし、私も15歳の頃がありました。
そう分かってはいるんですが、
「女の30と男の30は違うし」とか、
「30になると雰囲気が歳だよな」とか、
「30すぎて結婚とかできるんだろうか」とか

色々思ってしまいます。

 

あとは「進むべき方向を間違えた」というのが

1番引っ掛かっています。

私は、親との確執や学校が毎日辛く

「早く卒業したい」と毎日思いすぎてて、
自分の進みたい方向性を全く考えていませんでした。

 

「とにかく家を出たい」という一心で、

全く興味のない短大に進学しました。
それが人生で1番の失敗でした。

 

本当は美術関係の大学に行けばよかった。
服飾、デザインなど、

子供の頃から好きで興味があった方向に行けばよかった。

でももう遅い。
一応卒業はしましたが、今は完全なるフリーター。
全く意味のない短大でした。

 

そして30歳。
好きな方向に行ってたらまた何か違ったのかもしれません。
まだ20歳とかなら良かったんですが、もう30です。

 

「私は今まで何をやってたんだ」と思うと、

人生絶望してしまいます。
私はこれからこう生きればいいんでしょうか。

 

気持ちが分かる方など、色んな意見をお待ちしています。

 

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

以前会社の先輩に教えてもらったのですが、

人生を一日に換算するととってもポジティブになれます。

 

例えば私は今24歳ですが、人生が72年だと仮定すると、

まだ午前8時です。

年齢÷(72年÷24時間)

30歳のあなただって、まだ午前10時です。

 

そう考えたら、なんだか気持ちが前向きになりませんか?

これから何でも出来る気になりませんか?

 

少なくとも私はとても元気が出ます◎
これから日帰り旅行にだって出掛けられちゃうんですから。

 

もう30じゃなくて、まだ30だと思います。
元気出して下さい^^

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1477403794

 

 

なるほど、いいアドバイスですね。

 

人生を時間にすれば、ポジティブになれる。

もう30歳ではなく、まだ30歳ですよね。

 

今回は、「生き方がわからない本質と解決策」についてお伝えしたいと思いますよ。

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

「あのときこうすれば良かった・・・」

「出来る事なら、あの頃に戻ってやり直したい・・・」

 

このように、人生を振り返り後悔することで、

「生き方がわからない」という悩みの相談は、

年々増加傾向にあって、特に30代40代の社会人の方が多いようです。

 

あなたが30代40代で「生き方がわからない」と悩んでいるのなら、

「今日悩みが解決する」と思って読み進めてみて下さい。

 

 

生き方がわからなくなる原因とは?

 

まず、物事を考える際は、「気持ちを落ち着かせる」ことが肝心です。

 

生き方がわからなくなっているのは、

「あなたの責任ではない」ということを、まずは認めて下さい。

 

・これから何をして生きていけばよいのか?

・このまま友達も出来ずに年を重ねていくのか?

・結婚も出来ず、ひとり寂しく生きていくのか?

 

などなど、色々なことを考え過ぎて、辛い日々を送っているかも知れません。

 

でも、安心して下さい。

30代40代というのは、「生き方がわからなくなる」時期なのです。

 

「生き方がわからない」心理状態に陥ってしまう方のほぼ100%が、

ある程度の成功を手にしていたり、収入が安定してる方に多いのです。

 

または、社会的にはある程度成功しているが、

借金を背負いこんでしまっている方でしょう。

 

「生き方がわからなくなる」のは、

あたまの賢い方が陥る心理パターンの一つで、

 

あれもこれもと、色々と考えてしまうために、

頭の中がパンク状態になっているのです。

 

でも、その生き方がわからないという心理状態にあるのは、幸運なことなのです。

なぜなら、これから、プラスになるしかないからなのです。

 

 

30代40代は我慢が必要になる時期

 

 

生き方がわからないという状態は「マイナス」なことですが、

それと同じくらい無意識の領域で「プラス」も起こっているということがあります。

 

人は、何かに没頭したり、何か良からぬ出来事が起こった際、

そのことばかりが気になってしまうものです。

 

1点に集中すると、その他のことがまったく見えなくなるのです。

 

ですが、人間の運命は上手く出来ています。

 

マイナスのことが起こったら、

それと同じくプラスの「運」を貯金しているのです。

 

でも残念ながら、現実として我慢が必要な時期でもある

30代40代というのは、必ずやってきます。

 

10代20代のときは、まわりに結婚する人もおらず、

「自分はまだ結婚したくない」と思っていましたよね?

 

でも、現実的に30代40代になると、

一緒に遊ぶ友達もだんだんと少なくなって、

出掛けた先で誰かと出会うというような「出会いの機会」は少ないことでしょう。

 

30代40代になると、自分より仕事ができない人を見たり、

若い人を見ると、ダメだしすることもあるでしょう。

 

逆に自分より若い人の方が優れていたりもしますよね。

こんなことが、どんどんこれからもあなたに降り注いできます。

 

これは、我慢の時期だということです。

あなたは、今までずっと我慢せずにある程度は乗り越えてきたと思います。

 

しかし、現実は虚しいもので、他人の方が能力が勝っていたり、

幸せだったりすると、自分はダメ人間だと思い込んでしまいます。

 

そこは、ダメだと思うのでなく、「認めると心に決めてください」

 

子供の頃に思い描いていた夢が、

今の現実を違うことは、割と簡単に認めらますよね?

 

仕事が出来ていても、さらに若い人がもっと出来ることなどは認めるしかありません。

 

 

生き方がわからない本質

 

実は、「生き方がわからない」というのは、

すぐに解決できてしまいます。

 

あなたは、今まで懸命に生きてきたことでしょう。

真面目で誰にでも優しく、自分に嘘をつかず、誰よりも頑張ってきたことでしょう。

 

あなたは、今まで誰よりも本当に頑張ってきたのです。

ですから、誰よりも幸せになれるのです。

 

あなたは今、「生き方がわからない」という

心の病にかかっていますが、物事をあらゆる視点で見れる人でしょう。

 

であるならば、解決方法は簡単です。

「悩んでいる解決方法を紙に書く」たったこれだけです。

 

これがあなたの抱え込んでいる「生き方がわからない本質」です。

 

例えば、

・借金をしている

・結婚出来ない

・仕事がうまくいかない

・友達ができない

・お金がないし、趣味がない

 

などを全部一気に解決しようとしているのが、

「生き方がわからない」と発言する方の共通するポイントです。

 

今すぐ解決したい悩みが3つあるとすれば、

その3つを毎日のように、全てを解決しようとしているのです。

 

これは不可能なことです。

3つあるならば、1つ1つ切り離して考えてください。

 

借金を返すなら、その返済計画をあなたは立てられるはずです。

 

考えられるのに、逃げているのは、

3つ同時に解決しようとしているから、考えるのが面倒になっているだけです。

 

1つ1つ切り離すことで、

気持ちは、今の何倍も楽になりますよ。

 

 

生き方は人それぞれ

 

あなたは他の誰でもなく、あなたなのですから、

あなたの生き方で生きていけばよいのです。

 

誰もあなたの行動に対して、

批判できる人はこの世には存在しません。

 

批判するのも認めるのも、すべてあなた自身なのです。

 

悩みを1つ1つ切り離すことで、

少し気持ちが落ち着いてきたのではないでしょうか。

 

まだ気持ちが落ち着かない方のために、

もう少し具体的にご説明しましょう。

 

3つの悩みがあるとして、1つずつ切り離します。

その1つ1つにどれが一番最優先で解決したいのかが、明確になってきます。

 

・お金のこと

・結婚のこと

・仕事のこと

であれば、まずはお金のことから解決してみようとなります。

 

このように、切り分けることで、優先順位が決まってきます。

こうなると気持ちは安定し、余裕が生まれるのです。

 

今、あなたには、余裕が全くないでのしょう。

生き方がわからないという30代40代の方々には、

全くこの余裕がありません。

 

最初にご説明したとおり、何事も落ち着きが肝心ですから、

優先順位をつけて生きることで、人の心には余裕が生まれます。

 

あなたがあなたであるために、

また、あなたらしく生きるために、

もう誰かに優しくするのもそろそろやめてください。

 

自分のためだけに生きればいいのです。

 

あなたが変わっても、

誰もあなたを嫌うことはないし、とがめたりもしません。

 

あなたがあなたらしく生きることで、

あなたには最良の恋人や結婚相手が現れます。

 

あなたは、幸せになっていいのです。

 

 

いかがでしたか?

 

「生き方がわからない本質と解決策」をご紹介させていただきました。

 

生き方がわからなくなった際は、

ぜひ、参考にして、1つ1つ解決してみて下さいね。

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。

↓↓

 

 

 

【人生の悩み女性編】人生がうまくいかない、人生を好転させる方法とは!?

どうも田村です。

 

 

今回のお悩み相談は、
「人生がうまくいかない、女性の悩み」です。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

 

何もかもがうまくいかない時ほど、

孤独を感じたり、自信がなくなったりと、

お辛いことでしょう。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

人生がうまくいかないです、人間関係も仕事も何もかも・・・

 

 

【相談内容】

人生がうまくいかないです。

人間関係も仕事も何もかもうまくいかないと感じます。

 

世の中から取り残されたような孤独感や辛く自信も無くしました。

頑張る気力はあるのですが、今の現状が辛すぎます。

 

皆さんはそうゆう時どうやって状況を打破しましたか?
教えて下さい。

 

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

孤独感や、自信の喪失は、私はチャンスだと思っています。

 

ゼロになる感覚が、これからの素晴らしい出来事を

引き寄せている状態だと、私は考えるからです。

 

ただ、

「頑張ればなんとかなる」という信仰から、

自由になる必要があります。

 

多くの方は、辛い状態の中で、一生懸命もがくあまり、

もっと疲れたり、孤独を感じたりしてしまいます。

 

こういう時の対処法は、

目の前のことを感謝して、そしてやるべきことを、

(どんな小さなことでも)大事にしていくことしかないと思います。

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11108276321

 

 

なるほど、そうですね。

 

人生がうまくいかない時ほど、チャンスだと捉えて、

感謝しながら、今自分にできることをするのも良い対処法だと思います。

 

今回は、「人生がうまくいかない時の対処法」をお伝えしたいと思いますよ。

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

仕事や人間関係など、人生がうまくいかない時期というのは、

誰にでもあるものですよね。

 

人生が上手くいかない理由は、

自分の努力不足だったり、周りの環境が原因していることもありますが、

 

そんなことは、大した問題ではありません。

 

何もかもが、うまくいかないと感じた時でも、

プラス思考でい続けられるかどうかが、とても大切です。

 

少しつまずいたからといって、落ち込んでばかりでは、

人生が好転しないのは当たり前の話なのです。

 

では、人生がうまくいかない時は、

具体的にどうすれば良いでしょうか?

 

 

対処法1、実現可能な理想の人生を思い描いてみる

 

「どうして、こんな人生なの・・・」と思うことが誰にでもあるでしょう。

 

この時に、自暴自棄になって自分を捨てるような行動をするのはNGです。

 

そうならないためには、

気持ちをできるだけ「ポジティブ」に変える必要があります。

 

ポジティブに変える方法は、

「実現可能な理想の人生を想像してみること」です。

 

ただ「理想の人生」ということになると、

夢物語のような話になってしまい、

逆に気持ちが落ち込んでしまうことがあり得ます。

 

ですから、自分の現状を前提とした上で、

可能性のある未来を思い描くのです。

 

そして、その未来に近づくために、

今できることを、1つだけ考えてみましょう。

 

できるだけ小さな、簡単なことにするのがコツです。

 

その「今できること」を、とにかく今はじめてみるのです。

 

そうすることで、自然と落ち込んでいる暇がなくなってくるものですよ。

 

 

対処法2、好きなものを書きだしてみる

 

気持ちを前向きにするのに有効な方法として、

「好きなもの書きだしてみる」という方法があります。

 

好きなもの、好きなこと、好きな人、好きな場所など、

とにかく自分が好きなものや、人を思いつくまま、紙に書きだしてみましょう。

 

そして、書きだしたことを実際に行動に移しみましょう。

 

例えば、

・好きな人がアーティストだったら、コンサートに行ってみる。

・好きな場所が山なら、登山に行き、山頂からの景色を眺めてみる。

・好きなことが、ダラダラなら、平日に休みを取って1日中ダラダラ過ごす。

 

とにかく「自分にはこんなにたくさん、好きなことがある」

という自己確認をし、それを行動に移すことが大事です。

 

そうすれば、自然とポジティブな気持ちになれるにちがいありません。

 

 

対処法3、ウォーキングや散歩をする

 

 

ここでは、誰にでもすぐに取り組める方法をご紹介します。

 

それは、「ウォーキング」です。

 

人間、落ち込んでいるときに部屋でじっとしていると、

ますますマイナス思考になってしまいがちです。

 

その点、外で、歩きながら考えることは、

自然と前向きな気持ちになる傾向があるのです。

 

ポイントは、できるだけ長時間、長距離を歩くことです。

 

歩くことに慣れていない人は、

ウォーキングというより「散歩」ぐらいの意識を持つと

無理なく歩けるでしょう。

 

人生を考えながら歩いていると、

何か前向きなヒントが見つかるかも知れません。

 

少なくても、間違いなく気分転換にはなるはずです。

 

 

対処法4、人と会話する

 

人生に行き詰まったり、悩み事が増えてくると、

自分だけの考え方には限界が生まれてきてしまいます。

 

そこで、自分の考え方の視野を広げるためには、

「人と会話する」ということが大事になります。

 

自分の悩みや人生の考え方などを人に打ち明けることによって、

共感を得たり、一人で物事を抱え込むストレスが和らいでくるのです。

 

そして、打ち明けた相手の考え方を聞くことにで、

自分の考え方の視野を広げることが出来ます。

 

人に悩み事を相談するのは、とても勇気のいることかも知れません。

 

ですが、打ち明け話をすることで、相手は自分に信頼感を感じてくれるでしょう。

 

相手との信頼関係もアップしますし、自分のためにもなります。

 

「人との会話」は、あなたに幸運をもたらしてくれることでしょう。

 

 

対処法5、とにかく休む

 

「とにかく休む、たくさん寝る」

 

これは、とても簡単なことのようですが、

この「休む」というものは人によって大きく違います。

 

・ドライブすることが休みになる人

・散歩をするのが休息になる人

・美味しい食事をすると心が休まる人

 

「休み方」というのは、人の数だけあるのです。

 

自分の「心の休み方」を探すのは、とても大切なことです。

 

仕事で疲れたから「とりあえず寝よう」ということだけでは、

もしかしたらあなたにとって、それは休まっていない可能性があるかも知れないのです。

 

人生に疲れてしまったら、まずは休むことが大事です。

 

自分の身体を崩さないうちに、

あなただけの休み方をしてみてください。

 

心のゆとりは、きっとあなたを大きく成長させてくれますよ。

 

 

対処法6、本を読む、音楽を聴く

 

 

人生に行き詰まったり、悩んだりすると、

どうしても自分の考え方は偏りがちになってしまいます。

 

そんなときは、本を読むのが良いでしょう。

 

本には、登場人物の人生に対する考え方だったり、

作者本人の考え方など、知識がたくさん詰まっています。

 

自分の考え方の柔軟性を鍛える、

また人生観の幅を広げるには、もってこいと言えるでしょう。

 

また、目的別に本を読むこともできます。

 

例えば、

「自分の考え方を見つめなおしたい」と思ったのであれば、

自己啓発書を読むなどのように、ジャンルによって

学べることに変化をつけることが出来ます。

 

自分にあった本の選び方をすれば、

本が人生のパートナーとなり、きっとあなたを導いてくれるでしょう。

 

また音楽は、自分の気持ちを持ち上げてくれたり、

悲しみに同調してくれるなど、心にとって最良のパートナーとなってくれます。

 

音楽に集中することによって「雑念」が消された状態が続くので、

混乱した考えを整えてくれます。

 

自分の生活を、よりよく演出してくれる音楽は、

人生に休息を与えてくれるでしょう。

 

そして、あなたに素敵な時間をもたらしてくれますよ。

 

 

対処法7、趣味に夢中になる

 

長い人生のうちには、仕事や人間関係に思い悩んだり、

自分を追いつめることもあるかと思います。

 

そんな時こそ、自分の好きなことをすると良いでしょう。

 

趣味は、自分の心を満足させてくれる、心の薬のようなものです。

 

地位や名誉のためではなく、

「自分のため」に何かを行うことで、

自分の人生に満足感をプラスさせることができます。

 

趣味は、人に誇れる立派な物じゃなくても良いのです。

 

まずは行動してみましょう。

自分の満足度探しは、きっとあなたの人生を充実させてくれるでしょう。

 

 

いかがでしたか?

 

「人生がうまくいかない時の対処法」をご紹介させていただきました。

 

誰にでも、人生がうまくいかない時はあります。

だからと言って、自分の中だけで思い悩んでいても、

解決にはなりません。

 

こんな時ほど、ご紹介した対処法を参考に

ぜひ、行動に移してみて下さい。

 

ちょっとした行動が、

あなたの人生を好転させてくれるかも知れませんよ。

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。

↓↓