どうも田村です。

 

 

今回のお悩みご相談は、
「ご近所からの苦情の悩み」についてです。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

引っ越し早々に苦情を言われたら、誰だって怖くなってしまいますよね。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

赤ちゃんの泣き声の苦情。助けてください。

 

 

 

【相談内容】

赤ちゃんの泣き声の苦情。助けてください。

3ヵ月の赤ちゃんがいます。

 

2週間ほど前に引っ越しをしたのですが、

引っ越し当日に隣人の女性から苦情が来ました。

 

「赤ちゃんの泣き声がうるさいから黙らせて欲しい。

私は不妊だからすごく迷惑。

ちゃんと世話すれば泣かないはずだ。」 と…。

 

当日はバタバタと忙しく赤ちゃんも30分くらい泣いていました。

それを聞いて咄嗟に怒鳴りこんで来たようです。

 

次の日に近隣に挨拶をしようと思っていたのですが、

怖くて行けなくなってしまいました。

 

ちなみに子供可、2LDK鉄筋コンクリートマンションで

上の階の足音や掃除機が少し聞こえるかな?くらいの建物です。

 

それからずっと泣かせないように、泣いたら口を押さえたり

外に出たり一日中抱っこなどして迷惑がかからないように

していますが私の精神が限界です。

 

食欲もないので5キロほど痩せてしまいました。

母乳が出なくなったら困るので食べたいのですが

気持ち悪くなります。

 

赤ちゃんが泣き出すたびに心臓が千切れる気持ちになります。

 

経済的に引っ越しは無理なのと仕事の関係であと5年は

住まないといけないんです。

 

赤ちゃんにも無理させてしまってると思うとすごく辛いです。

 

オーナーさんが隣人に話つけようかと言ってくれたのですが、

もしそれで恨まれて赤ちゃんに危害が及んだら怖いので

それは言わないでもらっています。

 

赤ちゃんを一切泣かせない事なんてできないんです。
助けてください。

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

隣に幼児×2を連れて引っ越してこられた者です。
これはホントにもう不運としか言い様がありません。

 

今まで静かに暮らしていたのに、

環境が一変してしまいました。

 

夏はバルコニー越しにぎゃーぎゃー
エレベーターホールまで母親と子供の怒鳴り声&

鳴き声が響いています。
(防音がしっかりしてるせいか壁越しには聞こえません)

 

私は特に子供が嫌いなので隣に住んでいると言うだけで

軽い嫌悪感を抱いています。正直。

 

しかしここの夫婦は立派です。
会うたびに、時候の挨拶に織り交ぜて

「うるさくてごめんなさい」 とちゃんと謝ります。

 

ここまできちんと謝られたら「仕方ない・・」という気になります。

 

あなたは

「オーナーさんが隣人に話つけようかと言ってくれたのですが」

ここですでに被害者ヅラしてますよね?

 

謝ろうとか和解しようとか全然考えてないみたいです。

 

一生懸命、隣人に誠意を見せてください

そしたら彼女も気持ちが変わるでしょう。

 

〔引用元: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12103033257

 

 

なるほどね・・・。

 

きちんと挨拶できていないことが原因でしょうけど、

「被害者ヅラしてますよね?」は、少し言い過ぎな感じもします・・・。

 

今回は、ご近所との円満な関係を築くために、
心がけたい挨拶のポイントをお伝えしたいと思いますよ。

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

ご近所付き合いの人間関係でのトラブルは、非常に多いと言えるでしょう。

 

今回は、引っ越し早々に、ショックな経験をしてしまったようですから、
新しい場所での生活の不安が余計にふくらんでしまったことでしょうね。
ご近所付合いの、 あるアンケートによると、

7割の人が、「近所の人に会いたくない」と答えたという結果が出たそうです。

 

近年では「モンスター隣人」の問題も表面化していて、
ご近所付き合いに、あまり良いイメージを持っていない人も多いのではないでしょうか?

 

ですが、昔から人間は集団で生活していく上で、

ご近所さんと助け合って生きてきました。

 

最近忘れられがちになっている

「ご近所付き合いで得られるメリット」についてお伝えしたいと思います。

 

 

ご近所トラブルは防止できる?

 

信じられない方も多いと思われますが、
適切な距離感さえ保っていれば、ご近所の人達はこれ以上なく

力強い味方になってくれます。

 

ご近所トラブルというのは、
ほとんどが「相手がどういう人間なのか分からない」という状況で起こるようです。

 

逆に日頃からきちんと接していれば、少しくらい物音を立てても、
「○○さん家は赤ちゃんがいるからねぇ」と寛容に接してくれます。

 

相手にイライラする時というのは、自分が我慢を強いられている時なのです。

 

気軽に話ができる仲であれば、ため込んだ不満を一気に爆発させてしまう前に、
冷静に話し合いをすることができます。

 

ご近所さんと上手に付き合うということは、
ご近所トラブルを回避できる最も有効な手段なのです。

 

 

非常時には助け合い、子供の防犯にもなる

 

たとえば地震や火事などが起こったとき、ご近所さんと親しい関係にあると、
子供をかくまってもらえたり、情報交換できたりといった、

助け合いをすることが出来ます。

 

東日本大震災や熊本地震では、

多くの人がご近所付き合いの大切さを再認識したといいます。

 

・食糧や資源を分け合ってくれる
・行方不明になった家族を一緒に捜索してくれる
・避難所の場所や注意すべきことを共有してくれる

 

このように、いざというとき、

ご近所さんは防災グッズよりも役立つ存在になるはずです。

 

近頃は子どもを狙った犯罪が多発していることから、

地域の防犯意識が高くなってきていますね。

 

ですが、あまりご近所付き合いがないところでは、
子供が不審者と歩いていても、「もしかしたら父親かな?」

とスルーしてしまうこともあるようです。

 

日頃からご近所付き合いをして、家族構成や通っている学校などを教えておくことで、
わが子が危ない目に遭う前に、ご近所さんが気づいてくれます。

 

ご近所さん達に子どもを見守ってもらえるということは、
防犯ベルや携帯電話を持たせるのと同様に有効な防犯対策になります。

 

 

引越し時のマナーに気を配ることが大事

 

 

回答者さんが言っているように、

上手にご近所付き合いをしたいと思うなら、

引っ越し時のマナーには気をつけるようにしましょう。

 

独身女性の場合は、引っ越し時の挨拶まわりをしない方がいいこともありますが、

家族での引っ越しの場合は必ず挨拶しておくべきです。

 

ご近所付き合いを上手にするには、

既に、出来上がっている地域の輪にいかになじめるかが肝心です。

 

自分から積極的にアクションを起こすことで、相手も心を開いてくれるようになります。

 

そして、挨拶まわりをする前に、確認しておきたいマナーとしては、

 

・時間があれば、引っ越し前日までに一度挨拶をしておくのが理想です

・挨拶は、引っ越し当日か翌日までには済ませましょう
・手土産は、500〜1,000円くらいを目安に
・手土産には名前と「よろしくお願いします」などの一文を添える
・挨拶をする範囲は、向こう三軒隣まで(集合住宅なら両隣と上下階の部屋)

 

初顔合わせの第一印象は、相手からの評価を大きく左右するので、

粗相のないように心がけましょう。

 

今回のように赤ちゃんや小さなお子さんがいる場合は、

ご近所に認識してもらうためにも、

一緒に挨拶する、または「泣き声でご迷惑をお掛けします」などの

気づかいをするのが良いでしょう。

 

 

いかがでしたか?

 

今回は、ご近所付合いのメリットと挨拶のポイントをご紹介させていただきました。

 

相手が分からないことが原因で、

ご近所とのトラブルになるケースが多いことをご理解いただけたと思います。

 

挨拶が遅れてしまったことは、変えようがない事実ですので、

赤ちゃんのためにも、ご自身のためにも、

まずは大人の対応として、ご挨拶をすることからやり直してみて下さい。

 

そして、ほど良い距離感を保つことで、

より良いご近所関係を築いてみて下さいね。

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。
↓↓