カテゴリー:人間関係の悩み(職場編)の記事一覧

後知恵BLOG

  • 人間関係の悩み(職場編)

【人間関係の悩み職場編】女性同士の人間関係、職場で無視された時の対処法。

どうも田村です。

 

 

今回のお悩みご相談は、
「職場での女性同士の人間関係の悩み」です。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

10年以上も人間関係であまり悩んだことがないなら、

余計にストレスに感じることでしょう。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

女性同士の人間関係に悩んでます

 

 

【相談内容】

自分でも幼稚な質問と自覚していますので、
ここ2カ月程、質問しようか迷っていました。

 

私は30代前半の会社員女性です。

 

職場の方々は基本的に大人なので、
嫌な思いをしないようなスマートな対応で お互い接しています。

 

皆さん、相手に対して深入りもしないし、

無関心でもない 調度良い距離感です。

 

些細な問題はありましたが、
人間関係の悩みには無縁で10年以上働いてきました。

 

しかし、1年ほど前に60代のパート女性が入社してきたのですが、
私に対してだけ無視をしてきます。

 

その女性に対して失礼な態度をとった覚えはありませんし、
そもそもその女性とあまり関わりのないうちから

嫌われてしまいました。

 

私まで相手の女性を嫌って、

周囲に気を使わせて業務の効率が下がるのは
絶対に避けたい事ですので、気にしないふりをして

挨拶など笑顔でしていました。

 

しかし、気にしない、気にしないと自分に言い聞かせても、
あからさまな態度に時々心が折れそうになります。

 

嫌われてしまう理由がわからない私の鈍感さにも

問題があると思いますが、 本当に理由がわからずに困っています。

 

私の外見は普通ですし(美人だから嫉妬とかはあり得ません)、
学生時代から社会人になって10年以上、
性格面で他人に表立って嫌われたりした事はありませんので、
ごく普通の一般的な女性だと思います。

 

こんなくだらない問題で、

日々の生活にストレスを抱えたくありませんので、
よろしければ心の持ち方などのアドバイスを頂けたら助かります。

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

おばさんに聞くしか無いですが。

どの職場にもいますよ、挨拶しても無視する、おばさん。

 

私の場合は、無視されても、

おばさんが返事するまで言い続けてますけどねWW

 

後は明からさまに一緒に仕事して、より多くの会話をしていたら、

いつの間にか良く喋るようになってました^^

 

人間なんで、合う合わないが有りますが、

私は逆に大げさなくらいにひっついて居ましたW

 

常に笑顔で接近=話し=打ち解ける。

必勝パターンです♪

〔引用元:http://otasuke.goo-net.com/qa7696371.html

 

 

なるほどね。

 

確かに、それも一つの方法ですね。

 

今回は、無視されるきっかけと対処法について、お伝えしたいと思いますよ。

 

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

 

会社に勤めていると圧倒的に多い悩みは、
同じ職場で働く同僚との人間関係ですね。

 

自分には無縁だと安心していたら、
思わぬトラブルがあったという経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

原因が無視する側にあっても、無視されている側も悪いと思われたり、
いづらくなったりしてしまいます。

 

そして何より大きいのは、多大なストレスを感じてしまうことですね。

 

明らかに無視されている状態は、

もし害がなくても、それだけで非常に辛いものです。

 

では、何がキッカケで無視されてしまうのでしょうか。

 

 

無視されるキッカケは?

 

 

【仕事ができない(遅い)】

 

仕事ができなかったり、仕事を進めることが遅いことによって、

無視につながることがあります。

 

確かに、チームでやっている場合には仕事ができない、

遅い人がいると、その分他の人に負担が来ることもあったり、

ミスによって余計仕事を増やすことにつながる為、

他の人のイライラにつながります。

 

最初は怒られるけど徐々に諦められて

無視されるようになっていくなんてこともあります。

 

 

【仕事ができる】

 

仕事ができない場合とは逆に、

仕事ができる場合でも無視されることに繋がってしまうこともあります。

 

要は妬みですね。

 

 

【誤解や勘違い】

 

誤解や勘違いにより、無視が始まるなんてこともあります。

 

何気ない一言で勘違いさせてしまったり、

自分の意図していないことを誤解されたりすることで、無視され始めます。

 

 

【嫌われる行動をする】

 

あまり人に好かれない態度というものがあります。

 

代表的なのは、上司への媚びです。

 

あまりにひどい媚びの売り方をしていると、周りはよく思わないことが多いです。

 

そういった行動によって嫌われ、無視されるということもあります。

 

 

【理由は特にない】

 

今回のケースのように、人間関係で恐ろしいのが、

理由は特にない場合もあるところですね。

 

実際は無視する人の頭の中にはあるのでしょうが、それを知ることは出来ません。

 

勝手に頭の中で想像して、勝手に嫌なところ見つけて、

勝手に腹を立てて、勝手に嫌いになって無視をする。

 

そんなことがあるので、人間関係というのは難しいものです。

 

 

職場で無視された時の対処法

 

もし無視されている相手が、仕事上で関係がなく、

害もなさそうだったら、放置しておいても構いません。

 

むしろこっちも無視すればいいだけです。

 

ただ、問題は仕事上で付き合っていかなくてはいけない人の場合。

 

放置しておくわけには行きませんから、

何かしらの対処をする必要があります。

 

 

【謝る】

 

理由がわからないかも知れませんし、自分が悪くないかも知れません。

それでも、とにかく謝るという大人の行為。

 

自分が悪いと限らなくても、とにかく謝れば意外に何とかなるものです。

 

謝ってきた相手に対し、それでもなお、無視する人は少ないです。

 

ただ、中には、それでも無視する人もいるので注意は必要です。

 

 

【徹底的に聞いてみる】

 

あえて、なぜ?無視をするのかを聞いてみるというのも一つの方法です。

 

無視をしてくる相手というのは、こちら側が悪いせいだと思っています。

 

そして、自分は悪くないと思っています。

 

しかし、相手が改善しようと聞いても答えない状態だと

悪いのは自分になってしまう為、嫌がります。

 

 

【第三者の協力を仰ぐ】

 

無視してくる相手と対等、もしくは上の立場の人に協力を仰ぎ、

関係改善につなげるという方法です。

 

職場内で誰かが誰かを無視するという状況は職場の雰囲気も悪くするし、

仕事に影響を及ぼす可能性も大きい為、相談すれば協力してくれる人も

少なくはないはずです。

 

もしそれでどうにもならなかったとしても、

あなたは関係改善に努めようとした側ですので、味方ができます。

 

味方ができるだけでも、ストレスを軽減できまので、

1人で悩まずに周りの協力を仰いでみて下さいね。

 

 

いかがでしたか?

 

人間関係が難しいのは、相手の心理が分からないところです。

 

分からないからこそ、悩んでしまうものですが、

日々、ストレスを感じながら過ごさなくても済むように、

これらを参考に、少しでも改善につながるように努力してみて下さいね。

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。
↓↓
 

 

 

 

 

【人間関係の悩み職場編】会社の人間関係、自分の気持ちを人に話せない時の基本スキルとは?

どうも田村です。

 

 

今回のお悩みご相談は、
「職場で人間関係に苦しむ男性の悩み」です。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

 

上手く自分の気持ちが伝えられず、 苦しいことでしょう。

 

でも、それって本当に解決したのかな?
それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

 

会社の人間関係について、上手く自分の気持ちを人に話す事が出来ません。

 

 

 

【相談内容】

会社の人間関係について
上手く自分の気持ちを人に話す事が出来ません。

 

なのでなめられて、なんでも仕事を押し付けられます。
怒りが爆発すると、つい切れてしまって、
暴言を吐いてしまって、揉めてしまいます。

 

で、辞めるの繰り返し。

 

自分の気持ちを人に言う事が出来ない私は、

やはり損するばかりです。

 

どうしたら、上手く伝えられるのでしょうか?

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

自分を客観的にみるといいと思います。
「なんで、あいつあんなに怒ってるんだと」

馬鹿にしてくると思います。

 

第三者の目からみるとすごく冷静になることができます。
後は何か怒りがこみ上げてきたら

 

頭の中に何かそれを押さえるものを決めておきます。

 

どろどろの包丁でもいいですし、何でもいいです。
それを頭の隅の方においておきます。

 

そして怒りがこみ上げてきたら、それをイメージします。

 

これだけでも全然ちがいます。
だいたいの人がもってないスキルです。

 

〔引用元:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9624547.html?from=navi_recommend

 

 

なるほどね。

 

冷静になって、客観視することはとても大事ですね。

 

確かに、この事も大事ですが、
先ずは、言いたいことを上手に伝えられるように
なることの方が重要だと思いますよ。

 

今回は、伝えることが苦手な人にとって、
必見なスキルをご紹介します。

 

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

 

・相手に自分の思っていることを伝えられない
・伝えても誤解されてしまう
このように、多くの方がコミュニケーションの悩みを抱えてします。

 

そこで有効なのが「アサーション」というコミュニケーション技法です。

 

アサーションとは、
「伝える」と「受け止める(聴く)」のバランスをとることで、
自分も他人も尊重するコミュニケーション方法で、
「人は誰でも自分の意思や要求を表明する権利がある」という
立場に基づき、適切な自己表現を行う技法のことです。

 

アサーションのスキルを用いることで、
やりとりの中で自分の気持ちや考え、欲求などを後回しにせず、
それでいて伝えたい目の前の相手のことも十分に尊重した
自己表現をすることが出来るようになります。

 

コミュニケーションに自信を持ち、信頼関係を築くためにも、
以下の基本スキルに取り組んでみましょう。

 

 

1.「私」を主語にして伝える

 

自分が相手に伝えたいと思っていることは、自分にしか分かりません。
ですから、そのことを伝えるときは主語を「私」にして伝えましょう。

 

自分の気持ちは自分自身が起こしているものですから、
「あなたが」とか「みんなが」ではないのです。

 

「私」を主語にして伝える「私メッセージ」によって、
自分の気持ちを把握して伝えることで、
自分の言動にも責任が持てるようになります。

 

 

2.自己開示をする

 

自己開示とは、「自分のことを相手に知らせる」ということです。

 

話上手は聞き上手とは言うものの、
聞いてばかりでは相手に理解してもらうことはできません。
コミュニケーションはキャッチボールですから、
自分の話もオープンにしてみましょう。

 

 

3.ただ聞くのではなく、相手に興味を持って聴く

 

 

 

これは、「積極的傾聴」と言われるものです。
相手が何かを言っているということは、
自分に何かを伝えようとしてくれているということです。

 

そのメッセージを受け取るときは、
相手の発した言葉だけを聞くのではなく、
「何を伝えようとしているのだろう?」というように
相手の思いや気持ちを理解しようという姿勢で「聴く」ことが大切です。

 

言葉だけを受け止めるのではなく、
相手そのものに興味を持つということは、
スキルというよりも姿勢や態度を工夫することといえるかも知れません。

 

 

4.言葉と言葉以外のメッセージを一致させる

 

コミュニケーションは、言葉のみでされているわけではありません。
表情や姿勢、口調など、言葉以外(非言語)のものからも
たくさんのメッセージが送られています。

 

笑顔で「やめてください」と言っても
やめてほしい気持ちは伝わりませんよね。

 

言葉と言葉以外のメッセージが一致しないと、
相手には伝わらないどころか、相手は混乱することもあります。

 

特に気持ちを伝えるときには、
表情や姿勢、口調なども一致させるよう心がけましょう。

 

 

5.DESC法を使って伝える

 

「DESC法」とは、アサーションのスキルの一つで、
問題解決場面や交渉、考えをまとめたりするときに有効な方法です。

 

DESCは、
Describe:取り上げたい事柄を客観的に描写する。
Express:その事柄に対する自分の気持ちを表現する。
Specify:DescribeとExpressを受けて、自分としてどうしたいか、
どうしてほしいかなどを明確に提案する。

Choose:提案に対する相手の反応を予測して、「YESの場合」「NOの場合」と、
それぞれの結果に対する自分の対応の選択肢を用意する。

 

これらの頭文字を取ったもので、
この4つのステップをD→E→S→Cという順番に、
セリフとして用意するのが「DESC法」です。

 

例えば、約束がある時に急ぎの仕事で残業を頼まれたが、
約束を優先したいと思った場合、それを上司などに申し出る際は、
次のようなセリフを使います。

 

D:急ぎの仕様書作成の依頼があったということですね。

今からだと残業になってしまいますが、

実は今日、同窓会の予定が入っているんです。

 

E:お客さまから急ぎの要望で大変なのは分かりますが、
私も卒業して初めての同窓会で楽しみにしておりました。
行けないとなると、とても残念です。

 

S:あの製品に関しては、詳しい者もおりますので、
他の方にお願いできないでしょうか。

 

C:「返事がYESの場合」:ありがとうございます。
私も、時間の許す範囲で協力させていただきます。
「返事がNOの場合」:そうですか。急ぎとのことですが、
明日のお昼前までの提出で間に合うかどうかご確認いただけますか。

 

もし間に合うようでしたら明日の午前中に仕上げるようにします。

 

この方法が身についていると、解決したいことがある場合、
受け身ではなく自分からやりとりの一歩を踏み出すことができます。

 

自分の提案に対して相手がNOと返してきても、
あわてることなく冷静に対処することができます。

 

また、何に対して、どう思っているから、
「このように提案している」という思考のプロセスが
自分の中で明確になるので、相手にも伝わりやすくなります。

 

 

6.自分の気持ちを率直に伝える

 

アサーションは、相手を変える、相手を思い通りに動かすという
ものではなく、いかに「自分」を伝えていくかということがポイントです。

 

そのために、

 

・自分が相手に伝えたいことはなんだろう?
・自分が相手に何をしてほしいのだろう?など、

 

自分の気持ちを確かめて、そのことを正直に率直に話してみましょう。

 

自分が伝えたことを相手がどう受け取るかは、

相手にしか分からないことです。

 

ですから、どう受け取られるか?を気にするよりも、
正直に伝えることに目を向けるほうが現実的なのです。

 

その際に、言いっぱなしにするのではなく
相手の反応もしっかりと受け入れることで、
お互いが深く分かり合うコミュニケーションにつながります。

 

コミュニケーションが不得意で言いたいことを
相手に伝えるのが苦手だと感じている人は、
ぜひこのアサーションのスキルを活用してみて下さい。

 

次に、感情的になった際の対処法をご紹介します。

 

 

職場で絶対にやってはいけない行動

 

 

 

・ライラしたまま相手と話をする
・感情的な状態で書いたメッセージ(ライン、メールなど)をそのまま送る
・相手に対する誹謗中傷、愚痴を誰かに話す

 

このように、感情的になっている時ほど、
自分の中では正しいと思っても、
客観的に見れば、人間関係をこじらせる結果を招くことになります。

 

それは、火のないところに煙は立たないはずなのに、
自ら火をつけるようなもので、冷静さを失っているという気持ちの現れです。

 

これらの行動は、改善したいはずの人間関係を
こじらせるだけですので、感情的になっている時ほど注意しましょう。

 

 

感情的になった時の対処法

 

時間を味方につけると、感情をコントロールしやすくなります。

 

時間の経過とともに感情がニュートラルになり、
冷静で客観的な視点を持つことができます。

 

そこで、先程のような感情的な行動をしてしまいそうになった時は、
以下の方法を意識してみて下さいね。

 

 

【イライラしたまま相手と話をする】
その場では話はせずに、時間を置いて話をしましょう。
急ぎの場合は10分以上時間を置き、
深呼吸を10回以上ゆっくりと行ってからにしましょう。

 

 

【感情的な状態で書いたメッセージ(ライン、メールなど)をそのまま送る】
メッセージを送信する前に、できれば一晩、
少なくとも2、3時間あけてからメッセージを見直し、
冷静で客観的な視点で添削してから送りましょう。
ポイントは、あなたの気持ちがニュートラルに切りかわることです。

 

 

【相手に対する誹謗中傷、愚痴を誰かに話す】
ぐっとこらえて、思わずきつい言葉、
誹謗中傷をしてしまうことに気をつけましょう。

 

もしも誰かに愚痴を話すなら、
問題になっている相手の耳に100%入らない人を選びましょう。
油断すると、話はあっという間に相手の耳に入ってしまいます。

 

感情敵になった時、その感情をそのまま表現するのは
気持ち良いのですが、あなた自身を守るため気をつけましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

悩み過ぎないためにも、
上手に相手に伝えるスキルを身に着けてみて下さいね。

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。
↓↓