どうも田村です。

 

 

今回のお悩みご相談は、
「母に大事な物を勝手に捨てられました」です。

 

ん~・・・それね。

 

よくあるご相談ですね。

 

お金では買えない大事な思い出の品、
友達から借りたスーツケースなど、勝手に捨てられたら・・・。

お気持ちお察ししますよ。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

 

母に大事な物を勝手に捨てられました、私を救ってください!

 

【相談内容】

大事な物を勝手に捨てられました。

 

数年の独り暮らしの後、
彼との結婚資金貯金のため、一旦実家に戻りました。

 

ある日、仕事から帰ってきたら、今朝、引っ越し業者から届いた
私の荷物がありません。

 

母に聞くと、いらなそうだったから全部捨てたと…。

 

荷物の中には、前の職場の餞別でもらったプレゼントや、
彼とお揃いで買ったマグカップ、
友人から借りたスーツケース、
もう二度と逢えない友人と撮った写真、
読んでいない単行本なども入っていました。

 

私本人に何の断りや確認も無く捨てられ、
親からは謝罪の言葉もありません。

 

実家なんかに帰って来なければよかったと
後悔しているのと同時に、
耐え難い悲しみでいっぱいです。

 

親は私宛の郵便物も勝手に開封します。

 

親展と書いてあってもです。

 

実家で暮らしてるからには、この位当たり前なのでしょうか?

 

毎日イライラで体を壊しそうです。

 

家出をしたいですが、結婚資金を貯めに来たので
それでは意味がありません。

 

どんな言葉でも構いません。
私を救って下さい!!

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

今のあなたは、「お金」と「自分の心」とどちらが大切ですか?

 

結婚資金も必要かと思いますが、
そのような状態で日々生活をしていては心労が心配です。

 

結婚に向けて大切なのはお金もそうですが、
心の準備も大切だと思います。

 

ご質問のような状態では結婚に向けた良い環境とは

言い難いでしょう。

 

自分だったら、やはり実家を出るという

選択をすると思います・・・。

 

 

【質問者からのコメント】

耐える事にしました。
毎日、彼と電話してるのでそれで何とか持ちこたえてみます。

 

失った物は戻りませんが、良い教訓だったと思い、
将来、子供が出来ても、同じような親にはなりません。
回答ありがとうございました!

 

〔引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1464150054

 

なるほどね。

 

回答者の意見を鵜呑みにしないで、
自分の意志で踏みとどまったこと、素晴らしいと思いますよ。

 

でも、親とは今後も付き合っていく訳ですから

教訓にするのは良いのですが、耐えるだけでは改善になりません。

 

親も一人の人間という観点で、提案させていただきます。

 

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

 

いろいろな人間関係がありますが、
その中でもっとも難しい人間関係が「親子関係」と言えるでしょう。

 

夫婦関係より、仕事の人間関係より、はるかに難しい人間関係なのです。

 

親子関係のもっとも難しいところは、以下の点ですね。

 

・親は、自分をこの世に誕生させた人
・親を、変えることができない
・親から、人生の影響を受けすぎる
・親が死んでも、親子関係は消えない

 

親も人間ですから、間違ったり、理不尽なことをすることがあります。

 

この際、おかしいと思って親に反抗しても、
結局は親に従わなければならないケースが殆どだと感じています。

 

この点が親子関係で一番難しいところだと言えますね。
これを踏まえて、先ずは親子関係を改善する事をお勧めしますよ。

 

 

親も一人の人間、親子関係を改善し幸せになる方法

 

親も子も人間は、

「親子関係がうまくいかないと、幸せを感じられない」というように出来ています。

 

親の悪口を言っている人は、殆ど不幸そうですよね。

 

親子の悪口を言うということは、
自分の存在そのものを否定するのと、同じ事です。

 

人間は、親から生まれることでしか、この世に誕生することは出来ません。

 

なので、親を否定することは、

自分の存在を否定することにつながってしまうのです。

 

例え、どのような親から生まれようとも、

「自分という存在は親がつくってくれたおかげだから、心から感謝している」

と思うことができれば、人は幸せなのです。

 

しかし多くの人は 、「親にひどいことを言われて、傷つけられた」など

大人になっても引きずっていることが原因で、

親子関係がおかしくなっているケースが多いのです。

 

これは子供の頃の「大人は完璧だ」という記憶を
引きずっていることによる、勘違いから生じています。

 

子供にとって大人というのは、とても偉大で完璧に見えます。

 

だから、子供は大人の影響を強く受けてしまうのです。
ですが、ちょっと考えてみてください。

 

大人になったあなたは、完璧ですか?

 

それどころか、よく間違いをおかして、後悔したり反省したりするでしょう。
人間は不完全であり、後悔したり反省したりしながら、生きています。

 

ということは、あなたの親も、まったく同じです。

 

子供の頃、完璧だと思っていた親も、

実は間違いだらけだったということです。

 

だから子供に対して、

間違ったことを言ったり、傷つけてしまったりするのです。

 

親を恨んでいる人は、ずっとそのことを引きずっています。

 

しかし、親も人間ですから、完璧ではないのです。

 

親も間違えたり、後悔したりしながら、ずっと生きてきたのです。

 

親を恨むということは、

親の間違いを今も許さない、ということです。
親も人間ですから、間違えます。

 

だからこそ、親を許してあげませんか?

 

自分だって完璧ではないのだから、親だって完璧ではないのです。

 

今すぐに、許せなくても良いでしょう。

 

時間をかけて、一生かかってもいいから、
親を許そうという気持ちを持ってみましょう。

 

許すことで、お互いに心が安らぎますし、
あなたが親の立場になった際も役立つことでしょう。

 

 

いかがでしたか?

 

許すことで、問題解決することも多いのです。

同じ悩みをお持ちであれば、参考にしてみて下さい。

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。
↓↓