どうも田村です。

 

 

今回のお悩み相談は、

「40代男性、加齢臭の悩み」についてです。

 

ん~・・・それね。

 

分かりますよ。

年齢を重ねた人なら、誰でも経験することですね。

しかも、お子さんから「叔父さん臭い」

なんて言われると心が痛むことでしょう。

 

でも、それって本当に解決したのかな?

 

それでは、さらに掘り下げて解決提案して参りましょう。

 

 

子供から叔父さん臭いと言われます、加齢臭でしょうか?

 

 

【相談内容】

加齢臭について、

年齢は41歳ですが子供から叔父さん臭いと言われます、

加齢臭でしょうか?

 

何か改善できる方法はないでしょうか?

 

営業職なので気になります。

 

スポンサードリンク




 

【ベストアンサー】

加齢臭対策の用品が色々販売されています。
http://nayami.spaspa.jp/deodorant_karei.html
など見つつ、対策をされてはいかがでしょうか。

 

〔引用元:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1150622.html

 

 

なるほど・・・。

 

リンク先のページが削除されてますが、

商品の宣伝だったのでしょう。

 

今回は、特に男性が気になる

「加齢臭の原因と対策」について、ご紹介したいと思います。

 

加齢臭は、男性に限ったことではなく、

女性にも関係があることですので、参考にしてみて下さいね。

 

 

田村の「問題解決提案」

 

 

加齢臭とは、年齢を重ねるごとに出てくる臭いのことで、

中高年特有の臭いを指し、男女を問わず誰にでも訪れる老化現象の一つです。

 

現代では、中高年男性の約8割は、

自分の臭いを気にしていると言われています。

 

「加齢臭」=「叔父さん臭い」とよく言われますが、

実は、加齢臭だけを発している人は存在しません。

 

例えば、タバコ臭だったり、二日酔いだったり、

口臭が臭かったりなど、不快な臭いを発していると

「加齢臭がする人」というイメージを持たれることが多いようですね。

 

ですので、体臭や加齢臭対策は、

清潔を心がけることが最大の対策のポイントになります。

 

それでは、まず加齢臭の原因と発生の仕組みをご紹介しましょう。

 

 

加齢臭が発生する仕組みと原因

 

一言で加齢臭の臭いを説明すると、「あぶらが腐った臭い」です。

 

加齢臭は、40歳を過ぎた頃になると、

脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が体内に増えてしまうので、

この臭い成分が作られるようになると言われています。

 

この臭い成分は、「ノネナール」という成分で、

皮脂の中にある脂肪酸と過酸化脂質が結びつき、酸化することで作られます。

 

年齢と共に脂質の分泌量が増え、酸化し易くなるために、

加齢臭という不快な臭いが発生するわけです。

 

特に男性の方が、早く加齢臭が発生しやすい傾向があるようですが、

女性も更年期を過ぎ、閉経後は男性と同じ条件になりますので、

加齢臭は発生します。

 

 

加齢臭は発生する部位は?

 

加齢臭は、以下の図のように、

皮脂が発生する部位ほど、多くの臭いを発します。

 

 

身体全てを清潔にすることが基本ですが、

頭部は、常に露出している部分でもあり、

直ぐには洗えない部位ですので、特にしっかりと洗って下さいね。

 

整髪剤などで臭いをごまかす人も多いようですが、

加齢臭と混じった嫌な臭いになるので、余計に不快感を与えてしまいます。

 

また、人は寝ている間に大量の汗をかいていますので、

臭いが強い方は、毎朝シャンプーすることをお勧めします。

 

顔・額・首まわり・わきなどは、

日中でも割と簡単に、いつでも清潔にできる部位ですね。

 

汗をかいたら、こまめに汗や皮脂を拭きあげることが大切です。

携帯用の「汗拭きシート」を持ち歩くのが良いでしょう。

 

 

汗の臭いが加齢臭を強くする?

 

既にご説明のとおり、加齢臭だけが臭うという人はいません。

必ず、様々な体臭が入り混じって、その人の臭いになっています。

 

臭いは、目には見えませんが、簡単にいうと小さな物質です。

小さいため、衣類など表面積の大きなものには多く吸着します。

 

活性炭や竹炭などが消臭剤として使用されているのは、

臭い物質を吸着して閉じ込めるためです。

 

しかし、温度や湿度の変化や飽和状態になると、臭いは再び飛び出します。

 

では、汗が加齢臭を強くするという話しですが、

汗自体は無臭なのですが、汗を栄養にニオイ菌が繁殖すると菌は臭いを出します。

 

これが加齢臭以外の体臭が発生する仕組みで、

この体臭は、衣類に蓄積されます。

 

そして飽和状態になると臭うのですが、

この時、加齢臭が発生していると汗の臭いに乗って浮遊してしまうのです。

 

よって、汗の臭いが加齢臭を強くしてしまうというわけですね。

 

では、これらを踏まえて、具体的な対策をご紹介しましょう。

 

 

加齢臭対策

 

加齢臭は老化現象ですから、

健康であることが何よりも大事です。

 

脂肪過多の食事や偏食、

特にアルコールの飲み過ぎなどには注意が必要です。

 

人間は、酸性に傾くと死んでしまうそうです。

 

人間の身体は、常に中性を保つため、

体が酸性に傾くと、自分自身の骨や歯を溶かしてアルカリ性にするのです。

 

美味しい食べ物のほとんどが酸性食品ですね。

そして、お酒も酸性飲料です。

 

骨粗鬆症(コツソソウショウ)になる原因は、

酸性食品にあると言っても過言ではありません。

 

よくお酒を飲んだ後に、ラーメンが食べたくなるのは、

ラーメンの麺がアルカリ性なので、体が無意識に求めるからだそうです。

 

また、加齢臭対策として、

ストレスや不規則な生活、運動不測などを解消することも大事です。

 

しかし、 最も大切なのは、やはり清潔な状態で過ごすことでしょう。

 

皮膚の表面の汚れや過多な脂肪分は、

石鹸などで洗い落として、さっぱりすることが大事です。

 

また、 こまめに下着を変えるなど、

衣類の中での雑菌繁殖を防ぐことも大切です。

 

 

では最後に、加齢臭対策の盲点をご紹介しましょう。

 

体臭や加齢臭という臭いが、人に伝わってしまう時、

実際に臭いを発しているのは、 身体そのものというよりも衣類なのです。

 

当然、汗や加齢臭を吸い取るのは衣類ですから、

臭い物質が衣類に蓄積されているので臭うわけです。

 

これこそが、加齢臭や体臭対策の盲点なのです。

 

汗をかいたら、常に着替えをすれば、

体臭や加齢臭は激減するのですが、現実的には困難でしょう。

 

そこで、最後に裏技的なアイテムをご紹介したいと思います。

 

そんな方法があるの?と思われたかも知れませんが、

衣類に超消臭力をつけるアイテムがあります。

 

方法は、衣類にスプレーするだけです。

 

臭いを閉じ込めたり、分からなくする製品はたくさんありますが、

この製品は、臭い物質を臭わない物質に瞬時に変化させることが出来ます。

 

そのため、ほぼ一日中無臭です。

 

効果が心配な方でも、

全額返金保証がありますので、ご安心下さいね。

(返金の振込手数料もかかりません)

 

興味のある方は、こちらから確認してみて下さい。



 

 

いかがでしたか?

 

加齢臭の原因と対策をご紹介させていただきました。

ぜひ参考にして、諦めずに嫌な臭いを解消してみて下さい。

 

足の臭いでお悩みの方は、こちらからどうぞ。

参考:洗っても消えない、足の臭いを消す方法

 

 

以上、田村の「問題解決提案」でした。

 

 

 

少しでも参考になったら、応援お願いします。

↓↓